もう、導入はお済ですか?無線LAN。なぜならば?★iPadやタブレット端末、スマートフォンなどデジタル機器を使いたい。★図書館、ラウンジなどで、いつでも、どこでも情報活用したい。★ICTの活用で、インフラのベースとして構築したい。

しかし!そんなに簡単にシステム化できるのかなあ?フルノシステムズなら、アクセスポイントと管理ソフトウェアだけ!

クラウド無線LANイメージ

管理ソフトウェアである「UNIFAS」 をクラウド上の仮想サーバに導入することで、自前で管理サーバを設置せず、アクセスポイント「ACERA」 を一括集中管理する使い方ができます。このため、TCOの大幅な削減を可能としました。

「UNIFAS」は、各キャンパスや拠点の「ACERA」を本校や本店で一括集中管理できます。ユーザの通信パケットと「ACERA」の管理パケットを分離しているため、「UNIFAS」とは管理パケットのやり取りしか行いません。このパケットは、Webアクセスと同じ通信手順を採用しているためLANだけでなく、インターネットを経由することもでき多様な接続環境に対応できます。

UNIFASの自前のサーバとクラウドサーバ導入比較例

クラウド無線LANが選ばれる理由

  • ズバリその1.無線LANスイッチ/コントローラは不要のため、導入コストが大幅ダウン。
  • ズバリその2.データセンターの仮想サーバを導入することで、ハード機器関連のコスト縮小が可能。
  • ズバリその3.UNIFASでは、アクセスポイント1000台まで統合管理が可能。
  • ズバリその4.複数キャンパスや多拠点を本部で
一元的に管理することができる。
  • ズバリその5.iPadやiPhone、Androidなど最新のデジタル機器に対応。
  • ズバリその6.Web認証やLDAP認証など、さまざまな認証方式に対応。
  • ズバリその7.万一、「UNIFAS」が停止しAPからのパケット通信に応答がない場合でも、APは動作を継続。
  • ズバリその8.AP1台からでも導入でき、予算に応じて拡張できるスケーラビリティ。
  • ズバリその9.1台のアクセスポイントの同時接続端末台数は、最大124台まで対応。
  • ズバリその10.純・国産品質のため、突然の不具合でも迅速にサポート対応。APの保証期間は5年で全て無償で修理。
例えば、下記のような事例でも、迅速に無線ネットワークを構築することができます。
ユニファス 構成例
下へ
クラウド無線LANを選択すると!その1:トータルコスト(TCO)が低くなる圧倒的メリット。
その2:安心なメンテナンス体制と容易な拡張性。その3:短納期でスグにサービスをスタート。その4:いつでも、どこでも無線LANを使える。その5:多様なモバイル端末を安心、安全に接続。

フルノシステムズの業務用無線LANをご採用いただいているお客様。

純・国産品質だから安心。スマホ、タブレットの接続に最適!学校・自治体 導入事例多数
○静岡大学様 ○神奈川大学様 ○京都外国語大学様 ○京都産業大学様 ○筑波技術大学様 ○福岡大学様 ○結城市役所様 ○浜松商工会議所様 ○宮崎商工会議所様 など
お問い合わせはこちら

▲このページの先頭へ