• トップ >
  • コラム >
  • 緊急レポート IPv4アドレス枯渇対応とIPv6への取り組みについて

緊急レポート IPv4アドレス枯渇対応とIPv6への取り組みについて

IPv4グローバルアドレス枯渇について

IPv4グローバルアドレスを管理する団体から、日本時間2011年2月3日(木)深夜にIPv4グローバルアドレスが枯渇したという発表がありました。 IPv4グローバルアドレスとは、ネットワーク上で、機器を識別するための番号であり、世界中のサーバー、通信機器は、このIPv4グローバルアドレスが割り振りされていることによって、情報のやりとりが可能となっています。

今後ネットワーク機器に割り振りする番号が無くなってしまうことを予想してきた業界では、IPv6という新たなしくみに移行しようとしています。しかし、世界中のすべてのネットワークを短期間で移行することは難しく、移行期間中にどのような対策をとっていくかが、ネットワーク業界では問われています。

なぜならば、IPv4とIPv6の間には、互換性がないためIPv4を延命させながら、
並行してIPv6を導入していくという共存の期間が必要になってくるからです。

そこで、当社のネットワーク機器は、このような背景を踏まえ、今後のIPv4アドレス枯渇対応とIPv6への取り組みについて緊急レポートを公開いたします。

ご一読の上、今後の対応についてご理解をいただきたく、よろしくお願いいたします。

使用中のネットワーク機器について

現在お使いの当社機器が枯渇時点で突然使えなくなるようなことはありません。現在、稼働中の機器は継続してお使いになれます。

  • 弊社の機器は、「IPv4アドレス枯渇」後の通信網で稼働することを念頭に設計されております。
  • 実際の「IPv4アドレス枯渇」後の通信網やIPv6の通信網で弊社製品の動作に問題が判明した場合には、順次対応していく所存です。

★IPv4アドレス枯渇の詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください。

参考1:
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
IPv4アドレスの在庫枯渇に関して http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/
参考2:
IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
IPv4アドレス在庫枯渇とは http://kokatsu.jp/blog/ipv4/whats-exhaustion.html
参考3:
社団法人日本インターネットプロバイダー協会
ISPのIPv6対応について http://www.jaipa.or.jp/ipv6/index.html
IPv6簡単入門  http://www.jaipa.or.jp/ipv6/intro.html

当社の対応状況について

一般に、IPv4アドレス枯渇対応には2つの方向性があります。

  • (1)今あるIPv4アドレスをよりたくさんの人が共用して使える機器を導入する
  • (2)IPv6アドレスを使ったインターネットに移っていく

(1)の機器は、多くの利用方法で正しく動くように設計されていますが、対応できない使い方も少なくありません。例えば、通信機器の管理ツールなどは、この機器で動作を阻害されることがあります。

 UNIFAS/ACERAでは、このような通信網でも、ACERAが正しく管理できるようにしています。弊社はこのような機器で構成された2010年のインターロップのShowNetでホットスポット機能を提供しております。この環境下でもUNIFAS/ACERAは正しく稼働しました。

参考4:
インターネット10分講座:大規模NAT(Large Scale NAT:LSN)あるいはキャリアグレードNAT(CGN)
http://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No41/0800.html

(2)は根本的解決になりますが、現状ではIPv6に対応できていない機器や通信網もたくさんあるため、すぐに全ての通信網を変更するようなことは出来ません。
 
 このため、IPv4とIPv6が同じネットワークの中で混在して使われる期間がしばらく続くと一般に予想されています。IPv4が無視できる程度に使われなくなる期間は数年から20年程度まで様々な意見がありますが、1年などの短期間で移行が済まないことは一致しています。

 MORS/finpadでは、MORSサーバがIPv6とIPv4の中継を行うことにより、finpadはIPv4のまま変更せずにIPv6の通信網も利用できるように考慮しております。

 また、UNIFAS/ACERAでは、ACERAの管理のためにIPv4を必要としておりますが、それ以外の通信は、IPv6とIPv4を混在して通信できます。これも、2010年のインターロップのShowNetでホットスポット機能を提供した際に正しく稼働した実績がございます。

参考5:
インターネット10分講座:IPv6 http://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No20/sec0700.html

今後の対応

IPv6への移行の過程において、(1)と(2)、両対策とも、IPv4とIPv6が同程度に使われる時が、影響が大きくなると考えられます。また、開始直後は問題点が顕在化する可能性も高くなります。

弊社のUNIFAS/ACERAもMORS/finpadもIPv4アドレス枯渇後の状況を想定して、すでに対応策を織り込んでおります。また、不十分なところや、IPv6への移行状況で新たに必要になった部分につきましては改良や新製品によって対応していく予定です。

不明な点につきましては、弊社にお問い合わせ下さい。