【第4回 関西教育ICT展】

 フルノシステムズは、8月1日(木)~2日(金)までインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催された、ICT授業に必要な機器やソリューション、校務支援システム、デジタル教材など学校向けのITソリューションを展示する教育分野の展示会「第4回 関西教育ICT展」に出展しました。
フルノシステムズブースでは、2019年度にリリースする動画対応アクセスポイント「ACERA(アセラ)1150シリーズ」やマネージド・スイッチ PoE対応スイッチングハブ「ACERA 9010シリーズ」をはじめとする充実した新製品ラインアップを披露したほか、動画対応アクセスポイントを用いた遠隔授業などのワイヤレスソリューションをご紹介しました。

関西教育ICT展のフルノシステムズ展示ブース 関西教育ICT展のフルノシステムズ展示ブース

関西最大級の教育関連展示会

 関西教育ICT展は、毎年夏に大阪で開かれる教育関連分野の専門展です。校務や授業を支援するシステムおよびICT機器、デジタル教材、eラーニング、各種学校向けサービスなどを、多くの企業が出展し各ブースで披露しました。全国各地の大学や教育委員会、小・中・高等学校、塾・予備校、専門学校などから関係者が多数来場し、第4回目となる今回の展示会では、会期の2日間で8000人を超える来場者が訪れました。

充実の新製品ラインアップと無線LANソリューションを展示

 フルノシステムズの展示ブースでは、2019年度に順次リリースする動画対応アクセスポイントの新製品「ACERA 1150w」と「ACERA 1150i」、ACERAブランドでは初となるマネージド・スイッチ PoE対応スイッチングハブ「ACERA 9010シリーズ」など、充実した新製品ラインアップを展示しました。また、動画対応アクセスポイントを活用した遠隔授業ソリューションや校内一斉放送ソリューションなどの技術を展示して紹介しました。
 ブースを訪れた多くのお客様に、フルノシステムズのワイヤレスソリューションをご体感いただくことができました。

フルノシステムズブースの様子 フルノシステムズブースの様子
ACERAシリーズで初となるPoE対応スイッチングハブ ACERAシリーズで初となるPoE対応スイッチングハブ

開催概要

開催日
2019/8/1 (木)・2 (金)の2日間
10:00~17:00
開催会場
インテックス大阪(大阪市住之江区)
出展内容
校務支援システム、授業支援システム、ICT機器、デジタル教材、eラーニング、各種学校向けサービスなどの展示
来場者数
8,322人(2日間合計)
主催者
般社団法人日本教育情報化振興会、一般財団法人大阪国際経済振興センター、テレビ大阪、テレビ大阪エクスプロ