学校・教育 × 無線LAN

津田学園 様

NEW

生徒一人ひとりが所有するChromebookや学校備品iPadを授業で活用 ~ICT活用授業の円滑な実施を支えるWi-Fi環境を構築~

無線ネットワーク導入の背景

 津田学園様は、中高一貫の中学校・高等学校(六年制)や三年制の高等学校をはじめ、幼稚園から小学校、進学塾やスポーツクラブなどあらゆる教育施設を三重県内に展開する学校法人です。
 「主体的・対話的で深い学び」や、各生徒の学びの進捗に応じて実施する「アダプティブラーニング」のさらなる推進に向け、生徒一人ひとりが所有するノートパソコンや、学校備品iPadを活用した授業を実施しています。中学校・高等学校(六年制)および高等学校(三年制)の全教室に無線LANアクセスポイントを設置し、ICTを活用した授業を支える無線LAN環境を構築しています。
 高い負荷がかかる動画再生にも対応できる安定した無線ネットワークを敷設するため、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)1010」を2018年に導入しました。多台数端末の同時無線接続に対応することはもちろん、ネットワークに障害が発生した際のサポート体制の信頼という観点から、無線専業の国内メーカーであるフルノシステムズを選定しました。2019年10月時点で学園内に合計47台のACERAを配備し、各教科の授業で生徒たちのICT活用をサポートしています。

無線LAN導入における3つの課題

  1. クラス全員分のノートパソコンやiPadの同時安定接続
     教室内にいるおよそ25~40人の生徒たちが使うノートパソコンやiPadの安定した同時無線接続が必須の条件でした。ACERA 1010を教室に設置することで、約40台の端末を余裕をもって接続できるネットワーク環境を整えました。
     
  2. 高負荷の動画再生にも耐える無線LAN
     生徒一人ひとりの学習と理解の進捗度合いに応じた「アダプティブラーニング」の実施と推進が、ICT活用授業を通して可能になります。授業の動画を閲覧できるサービス「スタディサプリ」を活用するにあたり、高画質動画の再生に耐えるネットワークの構築が課題でした。
     
  3. 暑い環境下でも故障しないアクセスポイント
     
    夏季一斉休暇などの長期閉鎖期間中に、冷房を設置していない部屋では温度上昇によるアクセスポイントの故障が懸念されました。ACERA 1010は動作温度の環境条件がマイナス10℃から55℃と幅広く、選定理由の一因となりました。

システム概要

「Chromebook」「G Suite for Education」を活用して子どもたちの学習を支援

1. 中学校・高等学校(六年制)と高等学校(三年制)の全教室にAPを設置
 
中学校・高等学校(六年制)と高等学校(三年制)の全ての普通教室に加え、体育館(アリーナ)や柔道場、音楽室、図書館などの各施設に合計47台のACERAを設置しています。2018年度に整備し、同年秋から稼働しています。
 

2. 生徒と教員が使用するChromebookを無線接続
 
ICT活用授業の実施にあたり、各生徒が所有するノートパソコン「Chromebook」を主に使用しています。Googleの教育機関向けサービス「G Suite for Education」の共同編集機能を利用してグループワークを進めたり、アンケート機能を活用して定着確認テスト(小テスト)を行っています。

お客様の声

 津田学園では、87インチ固定式電子黒板を全教室に導入後、次のICTを活用した教育活動の展開として、ChromebookやiPadを用いた「主体的・対話的で深い学び」や「アダプティブラーニング」のさらなる推進を目指しました。
 ICT活用授業を円滑に実施するにあたり、これまで運用してきたネットワークでは、各教室において多台数の端末で高画質動画を再生するような接続が難しく、ネットワークの設計が求めるレベルに達していませんでした。そこで、新規の生徒専用無線LANを整備することになり、無線専業の国内メーカーとして30年を超える長年の実績を持つフルノシステムズのACERAを採用しました。高画質動画の再生に耐えうるネットワークであることが、選定の決め手となりました。

お客様情報

お客様名 学校法人 津田学園
設 立 1972(昭和47)年
理事長 津田 浩二
所在地 法人本部
 :三重県四日市市笹川1丁目106-2
中学校・高等学校(六年制)/高等学校(三年制)
 :三重県桑名市野田5丁目3-12
生徒数

762人
〔中学校・高等学校(六年制)と高等学校(三年制)の合計
2019年4月1日現在〕

URL http://tsudagakuen.ac.jp/

[取材実施:2019年10月]
※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

[学校・教育]を含む導入事例