ホテル・飲食 × 無線LAN

株式会社神戸ポートピアホテル 様

万全なセキュリティ体制と安定稼動による無線LANサービス。 「Hotspot」の提供により、コンベション会場の高付加価値化を実現

神戸ポートピアホテルでは、従来の無線に対する不安要因を完全に払拭する無線ネットワーク管理システム(UNIFAS+ACERA)を利用することで、コンベションおよびイベント等の特設会場においてHotspot的な無線LANサービスの提供を推進。ホテル業界では先行して取り組まれたこのサービス・ソリューションにより、安全かつきわめて利便性の高い通信インフラを提供するに至った。

導入目的

会場に居ながらにしてお手持ちのPCが手軽に使える環境を提供したい!

多くの人が集まる国際会議やコンベションにおいて、不完全なセキュリティ機能の中で PCを活用したならば、外部から覗き込みや研究資料の奪取、ウィルスの感染も心配される。これでは、サービスとして機能を成さないため、完全なセキュリティ体制の下で構築されたシステム導入を第一条件とした。コンベションを実施する主催者、またイベント来場客にネットワーク環境を提供し、付加価値の高い環境を提供するのが目的。

導入概要

既存のネットワークシステムに無線ネットワーク管理システムを追加し、「Hotspot」サービスの提供

既存のホテル側ネットワークシステムに無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」とアクセスポイント「ACERA」を追加すことで、「Hotspot」サービスの提供を実現した。

UNIFAS Managed Server による統合管理で、アクセスポイントの接続状態がリアルタイムに確認できる。さらには、無線セパレータ機能の提供で、同じ無線LANを接続しているクライアントパソコンでも、覗き見させない安全なシステムとした。

また、海外のお客様で、IP電話を活用してアクセスしたポイント経由で電話のやりとりをしていたお客様もおり、データ&音声による無線インフラの提供が可能となった。

無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」はこちら
無線アクセスポイント「ACERA」はこちら

導入効果

サービス拡張への期待が高まる高付加価値の無線ネットワーク・ソリューション

サービス利用のポイントは、特設のイベント会場でも、通常のオフィスと同じようにWebの閲覧、メールでのやりとりなどができる点である。したがって、無線LAN機能を内蔵したパソコンであれば、来場者は、無線を識別するためのIDとパスワードを設定するだけで、自動的につながる方式にしている。

実際の運用では、画像や技術資料などの大容量データ送受信もスムーズであり、来場者からは大きな評価を得ることができた。

販売代理店様の声


株式会社サウンドウエイブ
無線ネットワーク会場担当マネージャ
松崎秀一 様
無線LANに関して、セキュリティ確保の難しさと確かな通信性能、これらの2つの条件を完全なソリューションでトータルにサポートできる事業者が少ないため、敬遠しがちでした。そこで、無線ネットワーク分野の専門で、多くの実績にあるフルノシステムズさんにご支援いただきました。

お客様の声


株式会社 神戸ポートピアホテル
ITソリューション室 室長
杉野冬彦 様
ホテルで用意されている回線を使ったPCのご利用は、セキュリティフリーの公衆回線によるものが大半で、お客様の自己責任において利用していただくのが前提条件でした。今回の無線LANサービスの利用により、信頼のおける無線LANシステムで、あらたな付加価値が提供できることを実感できました。

お客様情報

お客様名 株式会社神戸ポートピアホテル
所在地 神戸市中央区港島中町6丁目10-1
URL http://www.portopia.co.jp/
概要 ホテル業、レストラン、宴会場および売店の営業、浴場、スポーツ、遊戯娯楽に関する各施設の営業、食品の製造および販売、駐車の経営、不動産の売買・賃貸ならびに管理

 

※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

[ホテル・飲食]を含む導入事例