308_ext_02_0.png
流通 × ハンディターミナル

パルシステム生活協同組合連合会 様

無線LANとJANコードによる商品管理システム導入により、業務の効率化とリアルタイムデータ管理を実現!!

在庫・作業状況をリアルタイムで監視する必要から全セットセンターで、ハンディターミナルを利用したJANコードでの商品管理を導入し、作業状態や商品データのリアルタイム管理と作業の効率化を実現した。

導入目的

組合員の増加により物量が増加。またインターネット利用者の増加により取り扱う商品が少量多品種化へと遷移。加えて、生協の理念でもある「安全で安心な商品」を「玄関先までお届け」を確実に実現していくために、正確で確実な情報管理と、効率的な運用が求められ、また在庫・作業状況をリアルタイムで監視する必要が出てきた。そこで全セットセンターで、ハンディターミナルを利用したJANコードでの商品管理を導入し、作業状態や商品データのリアルタイム管理と作業の効率化を実現した。

システム導入概要 現場紹介

「入荷検品」「在庫管理」「出荷検品」「棚差し確認」等のセットセンター内の商品管理作業において、無線LAN対応ハンディターミナルを使用した商品JANによる管理システムを導入し、現場での商品情報の参照/検収結果の更新がリアルタイムで行えるようになった。また、報告伝票の作成や更新データの取り込みを、ボタンひとつで簡単に実現した。

ハンディ端末を使用しての<br />
自動倉庫でのピッキング作業。 ハンディ端末を使用しての
自動倉庫でのピッキング作業。

ハンディ端末を使用しての<br />
ピッキングラックでの作業。 ハンディ端末を使用しての
ピッキングラックでの作業。

内容検品 内容検品

導入効果

  • 入荷検収
    商品の入荷状況がリアルタイムで把握でき、作業の進捗・入荷数量管理が正確に行えるようになった。またJANコードを使用した商品検索により、入荷商品の数量確定作業をより効率的に実現することができるようになり、検収結果の報告もハンディターミナルによる入力済みデータを集計することで楽に行うことが可能となった。
  • 在庫管理
    参照したいときに、現場で在庫商品の最新情報を参照することが可能となり、また在庫情報の修正を現場で行うことで、効率的でかつ正確な情報管理 を実現した。
  • 棚差し確認
    類似商品による棚差しミスをより厳重にチェックすることが可能となった。
  • 出荷検品
    ハンディターミナルにオリコン番号を入力し、オリコン内の商品のJANコードを読み込むことで、正確な出荷検品を実現した。目視による検品よりも、正確で確実な内容検品を容易に行うことが可能となった。

※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

[流通]を含む導入事例