320_ext_02_0.jpg
学校・教育 × 無線LAN

静岡大学 様

クラウド無線LANでユニヴァーサルデザインITを実現
~クラウド・コンピューティングの最適解をめざし~

事例概要

静岡大学では、情報基盤の基本的な戦略として「クラウドコンピューティング」を全面適用し、「SUCCES」(ShizuokaUniversityCloud Computing ECO System)を推進しています。

2009年からクラウド情報基盤の土台構築がはじまり、「サーバ」「パソコン」「ストレージ」「生体認証」の全面クラウド化のベースづくりが段階的にスタートしました。その一環として、第1期に「無線LAN」をキャンパス内にインフラ整備しました。クラウド化の最適解を目指す長期プロジェクトにおいては、現在評価期間に入っており、2期目としての「無線LAN」の見直しが開始され、フルノ製「無線LAN」に注目しました。

クラウドコンピューティングの特徴に最適な、品質の高い無線LANを実現でき、静岡大学の情報基盤のコンセプトに合致したことから、無線ネットワーク管理システム「UNIFAS/ACERA」を採用しました。

課題

キャンパスを取り巻く環境と4つの課題

平成21年から情報基盤の必須アイテムとして捉えていた「無線LAN」は、初期の段階において、静岡キャンパスと浜松キャンパスに46台のアクセスポイントを設置しました。現在、追加で25台設置しており、合計71台が稼働している状況です。

希望の多い場所から、段階的に整備を進めており、共通エリアは、情報基盤センター側で整備し、各部局がアクセスポイントを設置する場合は、情報基盤センター側で管理、運用、認証サービスを提供し無線LANの拡充の推進を図っています。

統合認証基盤と連携することで、学生・教職員は申請手続き無しに配布されたID/パスワードで無線LANが利用できるようになっており、初期の目的としている利用方法は達成できたことになります。

全学で、使いやすい無線LANを、今後発展、拡張させていくために、以下の課題を解決していくことにしました。

1.稼働率と性能のボトルネックの発生
2.アクセスポイントの増設費用が大きい
3.将来的なシステム拡張性とTCOの問題
4.利用端末の多様化による無線LAN側の対応

システム概要

無線LANはソフトウェアコントローラ型の「UNIFAS/ACERA」

初期の段階において、静岡 ボトルネックに対するリスク対策として、ソフトウェアコントローラ型の「UNIFAS/ACERA」を導入しました。無線LANコントローラ型と同じ機能を有しながら、機器故障、処理のボトルネックに対するリスク対策が実現します。インテリジェントなアクセスポイントで、認証機能をアクセスポイント内部で処理しているため、負荷の集中によるトラブルの心配がありません。また、パブリッククラウドで稼動するUNIFASサーバの通信経路に障害が起こっても、無線LANサービスの停止が発生しない自律型集中管理構成となっています。

クラウド情報基盤のクラウド総合監視システムで常に、状態監視をしています。 クラウド情報基盤のクラウド総合監視システムで常に、状態監視をしています。

WiFiエリアには、利用可能ことを表示する 「WiFiシール」が貼り付けてあります。 WiFiエリアには、利用可能ことを表示する 「WiFiシール」が貼り付けてあります。

アクセスポイント「ACERA」。 共通エリアに25台設置されています。 アクセスポイント「ACERA」。 共通エリアに25台設置されています。

導入後の成果

2009年からスタートしたクラウド全面適用は、無線LANシステムにおいても例外ではなく、パブリッククラウド環境で実現できることが一つの条件になっていました。今回「UNIFAS」をパブリッククラウドのVPSで稼動させたことで、「はやい」「やすい」「うまい」の3つの効果が明らかになりました。

1つめの「はやい」は、オンプレミスの1/15の期間で運用を開始できたことです。サーバ環境をアウトソーシングすることで、スピーディに無線LAN環境をスタートすることができました。また、2つめの「やすい」は、サーバ環境を学内につくるわけではないので、運用した場合のトータルなコストは、オンプレミスの1/2となり、高いコストパフォーマンスが期待できました。

そして、最後の3つめの「うまい」は、ハード環境がないことで、電力消費ゼロや突然の故障などの心配がないメンテナンスフリーな状況になったことです。

お客様の声

320_ext_22_0.jpg
静岡大学
情報基盤センター
センター長 教授
井上 春樹 氏
パブリッククラウド環境でも「UNIFAS」なら安心

静岡、浜松キャンパス全体のシステム化を考えた時に、システム全体の不安定要素を取り除くことが大事でした。つまり、「スケーラビリティ」の重視です。なぜならば、「無線LAN」は今後の「ユニヴァ―サルデザインIT」を支える重要なツールとなり、自宅学習したり、講義動画を配信したり、資料をダウンロードさせたりする上で、なくてはならない重要なインフラであると考えているからです。

その点、フルノシステムズさんの無線LANは、元々制御系の物流システムの無線技術がベースとなっているので、耐久性や拡張性、そして国内メーカーである扱いやすさが選択のポイントとなりました。さらに、無線管理ツールの「UNIFAS」は、パブリッククラウド環境でも対応できるため、当校の「クラウド全面適用化」に最適なものであると考えています。

お客様情報

お客様名 国立大学法人 静岡大学
所在地 静岡キャンパス:静岡県静岡市駿河区大谷(おおや)836   
浜松キャンパス:浜松市中区城北(じょうほく)3-5-1
URL http://www.shizuoka.ac.jp/
概要 創立:1949年
学長:伊東幸宏
学部:人文社会科学部、教育学部、情報学部、理学部       
   工学部、農学部(その他大学院研究科)
学生数:学部生8853人、大学院生1556人(2012年5月現在)

※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

[学校・教育]を含む導入事例