観光・ホットスポット × 無線LAN

沖縄県竹富町役場 様

「世界自然遺産」登録に向け、注目の離島観光をさらに活性化 国内外ゲストが使える、高品質な「公共フリーWi-Fiサービス」を提供 ポータルサイト連携で“島のおもてなしインフラ”に

無線ネットワーク導入の背景

八重山諸島・石垣島の南西に点在する大小16の島々で構成される、日本最南端の町、竹富町様。

平成22年「竹富町観光立町宣言」を宣言した同町が推し進める「竹富町地域総合ポータルゲートウェイ事業」。町内周遊観光の推進と特産品の販路拡大をめざし、情報インフラシステムの活用で、国内外に向けた効果的プロモーション活動に取り組んでいます。その中核インフラとして導入されたのが「竹富町フリーWi-Fi」です。

町内各島の船舶旅客待合所(ターミナル)や主要な観光スポット、公共宿泊施設などに設置された高品質フリースポットで、観光客や地域住民は安定したWi-Fi接続・インターネット利用を無料で楽しめるようになりました。

「世界自然遺産」登録を視野に、ますます国内外から高い注目を集める竹富町。その地域観光を支えるサービスインフラに、フルノシステムズの高品質な無線アクセスポイント「ACERA(アセラ)」をご採用頂いています。

*西表島を含む「奄美・琉球諸島」。世界遺産への推薦や登録の前提となる「暫定リスト」に登録

竹富町フリーWi-Fi化における課題

  1. 広く使えるインターネット環境整備に向けて
    市街地に比べ、環境整備が十分といえなかった離島のインターネット環境を、自治体主導でフリーWi-Fi化。公共提供のサービスであることから、暗号化などセキュリティ対策、運用面対策(フィルタリングや利用時間制限など)も考慮しながら、高い接続品質が求められました。
  2. 複数の離島&多拠点に散らばるアンテナ設置箇所
    海に隔てられた環境下でのネットワーク構築、7島にまたがるWi-Fi設置などから、維持やサポート工数も大きな課題でした。また、VPNを通じての遠隔監視となるため、安定稼働する「メンテナンスフリーな無線ネットワーク」は、欠かせないポイントでした。
■課題を満たす、ACERAのお役立ちポイント
・同時接続端末100台以上~多台数接続の実績
・干渉波に強い~干渉波フィルタリング機能
・保証期間5年~万が一の時も安心サポート

システム概要

ICTでおもてなし。複数の離島、さらに多拠点に散らばる設置箇所。信頼できる「国産メーカアクセスポイント」が必要

竹富町フリーWi-Fi提供エリア:(地図提供/竹富町役場)<br />
<クリックして拡大> 竹富町フリーWi-Fi提供エリア:(地図提供/竹富町役場)
<クリックして拡大>
設置されたアクセスポイントACERA(西表島船浦港上原地区旅客待合所) 設置されたアクセスポイントACERA(西表島船浦港上原地区旅客待合所)

フリーWi-Fiエリアを示す告知ステッカー フリーWi-Fiエリアを示す告知ステッカー

「竹富町フリーWi-Fi」ログイン画面 「竹富町フリーWi-Fi」ログイン画面

Wi-Fiに接続すると竹富町ポータルサイト「竹富町の時間」へリダイレクト接続される。町内在住の情報特派員によるコンテンツが発信されている。 http://taketomi-portal.com/

竹富町・離島観光とフリーWi-Fi

  1. ポータルサイト「竹富町の時間」へ連携。集客を支えるインフラに
    住民による「情報特派員」が発信を担う町独自のポータルサイト「竹富町の時間」。ゲストユーザーはエリア内で「フリーWi-Fi」に接続すると、まず、同サイトへ誘導(リダイレクト接続)されます。これにより、ゲストは島への理解を深めることができ、鮮度の高い住民発信情報に触れることで、リピータ層獲得にもつながります。ポータル閲覧後は、インターネット接続も可能。ゲスト自身によるブログやSNSへの島の情報発信が活発になることが予想され、ともに大きなPR効果が期待されています。
  2. キャリアフリー」「多言語対応」で。国内外ゲストのニーズに対応
    従来、一部地域に於いてWi-Fi環境は十分とは言えず、ゲストは携帯網3Gでの接続が中心でした。最寄りとなる新石垣空港の完成、また海外からの定期航路就航による観光客増加を受け、同地域の観光向けサービスに求められる条件は、国内外ゲストのニーズに幅広く対応できること、そして多言語対応でした。
    「竹富町フリーWi-Fi」は、携帯キャリアに依存しない「キャリアフリー型」。多言語(日本語、中国語:繁/簡、韓国語、英語)に対応し、利用者は国籍や契約形態を問わずに、Wi-Fi対応端末(スマートフォン、タブレットPC、ノートPCなど)で接続が可能です。
  3. 住民サービスの充実に向けて。防災・福祉分野への発展活用
    町役場のある石垣島から各離島への航路は、台風など荒天時には欠航し、移動手段は遮断されます。このため、各島集落の災害被害状況の把握に多くの時間がかかっていました。今後、竹富町役場は公共Wi-Fiを活用して現地と連携、災害現場の速やかな状況把握と復旧の促進、また、住民票取得予約など福祉サービスへの活用展開を検討されています。住民・行政が一体となって地域の課題に取り組む島の生活、解決を支える地域インフラにセキュアなWi-Fiが活用されていく予定です。

    日本国内は「フリーWi-Fiの整備率の低さが、訪日観光客の不満の一つになっています。「キャリアフリーWi-Fi」の提供で、町は幅広い新規観光客の誘導に加え、さらにはリピータ客の獲得を目指します。
     
<クリックして拡大> <クリックして拡大>

システムインテグレータの声


株式会社リウデン
取締役部長
崎山 喜一郎 様(左)
第一技術サービス課課長
古波蔵 一 様(右)
自治体様提供のインフラであること、そして台風の多い離島地域への設置であることなどを踏まえると、システムにおける「高信頼性」は絶対でした。フルノシステムズさんのアクセスポイントの特長「同時接続100台以上の実績」「干渉波フィルタリング機能」そして「5年保証」は大きな強みでした。また、メーカ担当者からきめ細かいサポートが受けられる「国産メーカ製品」であったことも大きいですね。電波到達においても他社製品よりも優れている実感があり、今回非常に「高品質な最南端フリーWi-Fi」をスタートできたと自負しています。竹富町様は地域内インフラへの拡大も想定されています。さらに積極的なご提案をして行きたいと思います。

お客様の声

326_ext_22_0.jpg
沖縄県竹富町長
川満 栄長 様
それぞれが独自の自然や歴史文化を持つ竹富町の島々は、その個性で訪れる人々を魅了し続けています。町では「竹富町観光立町宣言」を掲げ、リーディング産業である観光活性化に取り組んでいますが、その一方で、自然保護・景観保護も私たちの重要なテーマです。

「竹富町らしさ」を何より大切にする中、八重山全域で平成25年は約94万人、うち海外から約9万人ものお客様をお迎えすることができました。提供開始した「竹富町フリーWi-Fi」は多言語に対応、国内外観光客の皆さんに広く喜んで頂ける「おもてなしサービス」となりました。今後、町では地域向け「防災・福祉・行政サービス」へWi-Fiの活用展開も準備しています。

「世界自然遺産登録」も視野に入って参りました。「島人も旅人も幸せになれる町づくり」を目指す竹富町へ、ぜひ「島人(しまんちゅ)のおもてなし」を体験しに来てください。

326_ext_22_1.jpg
沖縄県竹富町役場
企画財政課 企画係長
小濱 啓由 様
住民の皆さんと行政が一体となって取り組む「情報特派員制度」。情報発信活動を通じ、住民の皆さんのICT活用への意識は非常に高まっています。「竹富町フリーWi-Fi」は、今後ますます重要な役割を果たすものになるでしょう。離島という条件下であり、安心して運用できる無線LANシステムを求めていましたが、委託事業者であるリウデンさんを通じ、業務に強いフルノシステムズさんの無線LAN製品に出会いました。様々なゲストが日々スマートフォンやタブレットで接続されますので、「接続安定性」や「セキュリティ」「高信頼性」は欠かせない要素ですが、実際に実現できて安心しています。観光分野に加え、今後は住民サービスへの活用に展開していきますので、「無線LANの品質」とサービス・サポートの充実にさらに期待したいですね。

 
 

お客様情報

お客様名 沖縄県八重山郡竹富町役場
所在地 沖縄県石垣市美崎町11番地1
URL http://www.town.taketomi.lg.jp/
概要 町長:川満 栄長(かわみつ えいちょう)
人口:4,174人(平成26年4月末)
世帯数:2,285世帯(平成26年4月末)

竹富町は、琉球列島の最南端八重山郡に属し、石垣島の南西に
点在する16の島々(有人島9つ、無人島7つ)から構成される
日本最南端の町。(総面積334.02km、東西約42km、
南北40kmの広範囲に及ぶ)町役場を八重山経済の
中心地(石垣市)に置く、特異な行政形態となっている。

[取材実施:2014年4月]
※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

[観光・ホットスポット]を含む導入事例