イベント × 無線LAN

ガンホーフェスティバル 2014 様

ファンの心を捉え続ける、大人気ゲームイベント会場を無線化。約23,000人の 「プレゼント応募」を支える、ダウンロードインフラとしてWi-Fiを活用。

無線LANケータリング®サービス採用の背景

子供から大人まで、幅広い世代のゲームファンの注目を集めるイベント「ガンホーフェスティバル 2014」。毎年恒例のファン感謝祭は、2014年5月、東京ビックサイトに3万1千人もの来場者を迎え、盛大に開催されました。

主催者であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社様は、来場者向けインフラとして会場LAN、フリーWi-Fiを構築、そこでフルノシステムズの「無線LANケータリングサービス」をご採用頂きました。

来場者は、Wi-Fi経由で専用サイトにアクセス。登録をしたのちにQRコードを取得、それをアトリウムに設置された専用スキャナで読み取ります。この作業で来場者はチェックインと同時にプレゼント応募が完了。後日プレゼントが提供されるという仕組みとなっています。

今回は、スマートフォン・タブレットユーザーの急増を想定したイベント開催であり、多くのインターネット接続が予想されたため、「有線接続」に加え、「高品質な無線LANインフラ」の構築が最重要課題とされていました。

イベントと無線LAN ~さまざまな課題

  1. 会場に持ち込まれる多種多様な無線デバイス
    3万人を越える来場者。ゲームファン向けイベントと言う特性から、持ち込まれるデバイスの種類も、携帯電話、スマートフォン、タブレットやゲーム端末などまさに様々。テザリング利用も増え、会場内電波環境は決してよいものとは言えません。主催者が目的を持って構築するサービスインフラとしてのWi-Fiは、干渉波の影響を避け、かつ、混雑時も安定してつながるマルチデバイス対応が必須でした。
  2. 安定接続が必須。「来場者プレゼント提供インフラ」として
    「ガンホーフェスティバル2014」は、事前申込み不要の無料イベントであるため、事前に来場者混雑の予測や分散が難しいという一面を持っています。導線の配置や混雑への対応、開場時間内に刻一刻と変化する状況への対応など、有線/無線ともさまざまな条件が求められました。多台数接続&干渉波フィルタリングなどの機能がイベント無線を支えています。

システム概要

混雑集中時にも安定して、フレキシブルに対応。「業務用アクセスポイント」と無線のプロの技術でセキュアな無線環境に。

「来場者プレゼントコーナー」に設置位置されたアクセスポイント(ACERA)。 「来場者プレゼントコーナー」に設置位置されたアクセスポイント(ACERA)。

来場者はWi-Fi 経由で個人情報を登録。 来場者はWi-Fi 経由で個人情報を登録。

QR コードをダウンロードし、アトリウムに設置された専用のスキャナで読み取ることで「チェックイン完了」となる。 QR コードをダウンロードし、アトリウムに設置された専用のスキャナで読み取ることで「チェックイン完了」となる。

後日、来場者にネットで配信された来場記念プレゼント(モンスター) 後日、来場者にネットで配信された来場記念プレゼント(モンスター)

イベント会場とフリーWi-Fi 成功のポイント

  1. 高信頼機器を選ぶ
    徹底して「業務用」に特化し機能設計されたフルノシステムズのアクセスポイント「ACERA」。様々なイベント会場で、同時端末接続100台以上の多台数接続実績を持っています。干渉電波の受信をはじくフィルタリング機能を搭載。複数APにまたがる端末同士ののぞき見もブロック。ホットスポットでの端末同士のウィルス感染防止など、プライバシー保護に最適です。 
  2. イレギュラーな環境変化でも、無線のプロの速やかな対応
    「ガンホーフェスティバル2014」は、「事前申込み不要」の一般向け無料イベントです。そのため、事前の来場者予測が難しいという一面を持っています。過去の来場動向から、万全の集客準備、導線の配置が検討される中、無線LAN構築に於いても、混雑発生時に速やかに調整対応できる現地サポートと、構築を支える高い無線技術が重要でした。

お客様の声

77_ext_22_0.png
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
システム・CS本部
システム運用部
小沢亮人様
‘13年に引き続き、フルノシステムズさんに会場の「無線LANケータリング」をお願いしました。本イベントのWi-Fi利用の目的は年々変化をしています。

‘13年は「ニコニコ動画閲覧」が主な目的でしたが、今回’14年はサイトにアクセスし、キャラクタープレゼント用QRコードをダウンロードして頂くことが目的でした。使用される来場者端末は3G非対応のものも多いため、専用Wi-Fiは必須でした。

主催者としては通信が滞って、QRコードが表示出来なくなるという状況はなんとしても避けたかったのですが、ほぼ問題なくクリアでき、約2万3千人ものご応募をいただくことができました。 

時間的制約が伴うイベントでは、短い準備期間で適切かつタイムリーな対応がとても重要になってきます。802.11ac対応など、今後新しい規格の端末利用も増えてくると思います。フルノシステムズさんには、安定した無線通信実現に向けてさらなるご協力を頂きたいですね。

お客様情報

イベント名称 ガンホーフェスティバル2014
会期 2014年5月25日(日)
会場 東京ビックサイト 西1・2ホール
動員実績 約3万1千人
主催者 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
代表取締役社長CEO:森下 一喜
創立:1998年7月1日
住所:東京都千代田区丸の内3丁目8番1号住友不動産丸の内ビル
URL http://www.gungho.jp/gunghofestival/2014/

無線LANケータリング®サービスについて

無線LAN機器メーカであるフルノシステムズが、業務用途に強い自社ハードウェアのレンタルと、エンジニアリング技術をセットにし、設計・構築・レンタル・ サポートを合わせてご提供するサービスです。 本サービスは、期間限定的なイベントの混雑する無線環境下でも、「高品質な無線LAN」を手軽かつ確実に実現可能なものとなっています。 見えない外来波からの影響に対して強化されたプロ用機材、技術・サポートをワンストップで体感頂けます。機材購入負担もなく、安心してすべてプロに任せられるというメリットから、イベント主催者様に高い評価を頂いています。 フルノシステムズの無線LANの世界を実感いただける、まさにノウハウが凝縮されたサービスです。

【イベント・セミナーでのご採用実績】
東京ガールズコレクション
FOODEX JAPAN 2014
・ガンホーフェスティバル
・東京ゲームショウ
・東京モーターショー
・INTEROP TOKYO
・その他、有名企業様主催のプライベートセミナーなど。
(主催者様および出展企業様ブースインフラとして、本サービスをご提供しています)

「無線LANケータリング®サービス」についてはこちら
http://www.furunosystems.co.jp/wi-ficatering/index.html

[取材実施:2014年5月]
※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

[イベント]を含む導入事例