ニュース一覧

まことに勝手ながら、フルノシステムズは下記の期間、ゴールデンウィーク休業とさせていただきます。
●2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月)
この期間にいただきましたお問合せは、営業再開日以降、順次対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

戸田市役所様の導入事例を公開しました。

「00000JAPAN」に対応する公衆無線LANサービスを展開 ~迅速な防災Wi-Fiへの切り替え機能を備えた安心安全な通信基盤を構築~

フルノシステムズ、iPadの画面を大型モニターに投影できる動画対応アクセスポイント「ACERA 1150i」を開発

iPad、iPhone、Macに対応。本機種1台で、多台数端末の同時無線接続と、電子黒板やプロジェクタの大画面へのミラーリング投影の2役を兼務。高性能CPU搭載で高速通信と反応のよいミラーリングを実現。

フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを埼玉県教育委員会が導入。3カ年計画で県立高校139校のICT基盤を整備へ。

「G Suite for Education」 「Chromebook」 などのICTを活用した授業を支えるWi-Fi環境を構築。
『協調学習』におけるICT活用を推進し、生徒たちの主体的な学びを支援。

フルノシステムズ、35周年記念特設ホームページを公開!

『「快適無線」で一人ひとりを笑顔に! つなげる つながる その先へ。』
おかげさまで、フルノシステムズは2019年10月に創業35周年を迎えます。

フルノシステムズの「無線LANケータリングサービス」が 「Slush Tokyo 2019」の会場内無線通信インフラとして採用

会場内に合計20台のアクセスポイント「ACERA 1110」を設置。各国から訪れた起業家やスタートアップ企業スタッフ、来訪者たちのネットワーク利用をサポート。

戸田市が公衆無線LANサービス『いいとだスポット』を開始。 フルノシステムズの無線LAN機器を市内の公共施設20カ所(注1)に整備。

フリーWi-Fiスポットを市内の福祉センターやスポーツセンターなど公共施設20カ所(注1)に設置。メール・SNS認証で簡単に接続可能。災害時用SSID『00000JAPAN』へ瞬時に切り替えられる環境を構築。

マイナビニュースに『Wi-Fi利用に関するアンケート調査』の記事を掲載しました。

【Wi-Fi利用に関するアンケート調査】ビジネスや授業でWi-Fiが必要と感じる人は約8割!公衆Wi-Fiを利用する人が最も重視するのは「高度なセキュリティ」