プレスリリース

2017年

フルノシステムズ、第1回関西EDIXへ出展。9つのWi-Fiセミナーで、ICT教育&無線LANが理解できる

フルノシステムズは、来月11月15日(水)~17日(金)までインテックス大阪で開催される第1回関西教育ITソリューションEXPOに出展いたします。Wi-Fi活用を実践されている8人の先生方をお迎えし、ご講演いただく予定です。

フルノシステムズ、浅野中学校・高等学校の全館、グラウンドに アクセスポイント 1台で個人端末が50台以上つながる“安定した無線LAN”の環境を整備。

学校法人浅野学園様(神奈川県)では、全学生が校内のあらゆる場所で安定したWi-Fi環境を活用できるようにするため、合計115台のアクセスポイントを導入し、授業で実践的に活かしていくことを目指しています。

フルノシステムズ、黒部峡谷鉄道にフリーWi-Fiを導入。インバウンド のサービス向上に貢献。トロッコ電車の魅力を世界に情報発信!

黒部峡谷鉄道株式会社様では、主要4駅にフリーWi-Fiを設置し、駅乗降客に対して、ワンタップで簡単にネット接続できる環境の提供を開始しました。黒部峡谷の魅力をWi-Fiを通じて情報発信し、観光客の誘致・集客に期待しています。

フルノシステムズ、京都産業大学の来年4月情報理工学部新設に向けて、  “BYOD”を見据えた、端末5万台アクセスを可能とする快適なWi-Fi環境を整備。

京都産業大学様(京都府)では、全学生1万3000人が確実にWi-Fiを活用でき、将来的に端末5万アクセスにも
対応できるWi-Fi環境を構築するため、アクセスポイントを段階的に導入し、学生の学ぶ環境を向上しました。

無線LANのフルノシステムズ、災害時にはワンタッチでWi-Fi環境を切替えることができる「防災Wi-Fiソリューション」販売開始。

災害発生時、平時に使用しているセキュアなWi-Fi環境を災害用統一SSID「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)等の公衆無線LAN接続環境へ簡単に切替え、避難所等でフリーWi-Fiを提供できる「防災Wi-Fiソリューション」を販売開始します。

無線LANのフルノシステムズ、教育ICT活用に最適な学校向け「一斉放送システム」販売開始。

アクセスポイントを活用して、タブレットのカメラ映像などを各教室にライブ配信できる一斉放送ソリューションの販売を開始します。

フルノシステムズ、802.11ac Wave2対応の無線LANアクセスポイント「ACERA 1110」を発売。 多台数接続のICT授業で安定通信を実現し、防災Wi-Fiにも対応可能な高速通信タイプ。

高速通信規格IEEE802.11ac Wave2に対応した「ACERA 1110」を7月に発売します。文教に適したアクセスポイントとして、タブレットひとり1台時代を支える安定した無線通信と「災害時支援」にも対応する機能を提供します。

フルノシステムズ、総務省の「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」に対応できる無線LANアクセスポイントで、防災整備計画を支援。

フルノシステムズは、総務省H29年度「公衆無線LAN環境整備支援事業」の防災拠点となる、学校様向け無線アクセスポイントの販売を「教育の情報化加速化プラン」と合わせて促進する支援策を開始しました。

フルノシステムズ、 Chromebook™  環境に対応した“安定した無線LAN”を水戸啓明高等学校が採用。快適な接続環境で、安心のICT授業を実現。

水戸啓明高等学校様(茨城県)では、ASUS社の Chromebook の採用に合わせて、ICT授業での安定した無線LAN環境を実現するため、フルノシステムズのアクセスポイントACERA(アセラ)の導入を開始しました。

新宿NSビルに“安定した無線LAN”を貸し会議室、 ホールなどに導入。UNIFASによる遠隔監視の運営により利便性を向上。

新宿NSビルでは、無線LAN環境を数年かけて構築し、今年からは、遠隔からでも運用できる無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」(ユニファス)の導入により、お客様のイベントに応じた柔軟な無線LAN環境を提供できる体制が整いました。