プレスリリース

2019年

フルノシステムズの無線LANアクセスポイント、 仙台育英学園がICT授業での活用に向け導入

クラス全員の音声・映像同時通信を可能にする無線LAN環境を構築。
高負荷通信に耐える高機能APを教室に配備しオンラインスピーキングトレーニングを実施。

フルノシステムズ、3つの無線機を搭載した3RF対応 無線LANアクセスポイント「ACERA 1210」を開発

無線機を3台搭載することで2.4GHz、5GHz(W52/53)、5GHz(W56)の合計3波の同時使用を実現。最大で381台のタブレットやノートPC等の端末の無線接続が可能に。

フルノシステムズ、無線LAN活用に関するビジネスセミナー「Wireless Navi 2019」を全国5都市で開催

業務用無線LAN導入のポイントやユーザー導入事例を3本の講演を通して紹介。
東京、大阪、名古屋、福岡、広島の5都市でセミナーと情報交換会(懇親会)を開催。

フルノシステムズ、学校や教育委員会向けに展開するクラウド管理型無線LANサービス「UNIFASクラウドアカデミック」の提供を開始

クラウド上にあるフルノシステムズの無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」を活用し、各学校の無線LANを統合管理。各拠点にコントローラを設置せずにWi-Fi環境の手軽な構築・運用が可能に。

フルノシステムズ、ACERAシリーズで初となるマネージド・スイッチ PoE対応スイッチングハブ「ACERA 9010シリーズ」を発売

無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」によるアクセスポイントとの一括管理を実現。8ポートと24ポートの2機種をラインアップ。

神戸市立須磨海浜水族園でフルノシステムズの情報配信 プラットフォーム「エアサイネージ」を用いた実証実験を実施

須磨海浜水族園×アシックス×フルノシステムズが連携し、視覚障がい者向け案内コンテンツ配信の実証実験を実施。音声案内による魚や動物たちの解説などのコンテンツ配信にエアサイネージを活用。

フルノシステムズの防災Wi-Fiソリューション「Wi-Fiモードセレクター」を岐阜県富加町が導入。

役場や公民館などの公共施設6カ所で防災Wi-Fi対応の公衆無線LANサービスを展開。
災害時用SSID『00000JAPAN』に瞬時に切り替えられる無線LAN環境を構築。

フルノシステムズ、iPadの画面を大型モニターに投影できる動画対応アクセスポイント「ACERA 1150i」を開発

iPad、iPhone、Macに対応。本機種1台で、多台数端末の同時無線接続と、電子黒板やプロジェクタの大画面へのミラーリング投影の2役を兼務。高性能CPU搭載で高速通信と反応のよいミラーリングを実現。

フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを埼玉県教育委員会が導入。3カ年計画で県立高校139校のICT基盤を整備へ。

「G Suite for Education」 「Chromebook」 などのICTを活用した授業を支えるWi-Fi環境を構築。
『協調学習』におけるICT活用を推進し、生徒たちの主体的な学びを支援。

フルノシステムズ、35周年記念特設ホームページを公開!

『「快適無線」で一人ひとりを笑顔に! つなげる つながる その先へ。』
おかげさまで、フルノシステムズは2019年10月に創業35周年を迎えます。