• トップ >
  • プレスリリース >
  • ビーマップとフルノシステムズ、「第3回AKBグループドラフト会議」にて、無線LANが採用されました。SHOWROOM活用の投票方法で、無線LAN(Wi-Fi)環境を構築。  

ビーマップとフルノシステムズ、「第3回AKBグループドラフト会議」にて、無線LANが採用されました。SHOWROOM活用の投票方法で、無線LAN(Wi-Fi)環境を構築。  

2018年2月8日
株式会社フルノシステムズ


株式会社ビーマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉野文則)、株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:妹尾 行雄)は、平成30年1月21日、東京ドームシティホールで開催された、「第3回AKBグループドラフト会議」において、無線LAN環境を提供させていただきました。

第3回目となる「AKBグループドラフト会議」は、従来の投票方法と異なり、SHOWROOM※を通して一般の方もドラフト会議に参加でき、東京ドームシティホールの会場にいるファンの方々がSHOWROOMの動画サイトを通して、投票できるようになっています。このため、今回新たに会場内に1,000台以上のスマートフォンが一斉にSHOWROOMに接続出来る無線LAN環境を構築する必要がありました。

株式会社ビーマップは、システムアドバイザーとして、株式会社フルノシステムズは、無線LANアドバイザーとして、ネットワーク設計・構築・運用のサポートを行い、同時に1,000台以上のスマートフォンが接続できる環境を構築しました。動画サイトでは、映像を確認しながら、投票できる通信環境を設置したことで、無事、イベント成功への協力ができ、新たなAKBチームメンバーの指名、決定に貢献することができました。

今後、スマートフォンの進化、ソーシャル融合的なサービスの進化により、各種エンターテイメント、イベント等で、スマートフォンの動画を見ながら、参加者がアクションを起こす仕組みのニーズは高まると思われます。両社は、今回の経験をもとに、今後、無線LANの活用範囲の拡大を目指します。

※ SHOWROOMとは、アーティストやアイドル、タレント等の配信が無料で視聴でき、誰でもすぐに生配信が可能な、双方向コミュニケーションの仮想ライブ空間。

【ビーマップについて】

ビーマップは放送・交通・通信・流通・外食等社会インフラを提供する企業に様々なソリューションを提供するIT企業です。GPS、Wi-Fi、Beacon、NFC等モバイルに関する様々な技術力を保有。特に、近年は、様々なソリューションを複合的に融合するサービスを提供しており、「交通メディア・エンターテイメント⇒モバイル⇒店舗(MMS)」、「放送⇒モバイル⇒店舗(O2O2O)」等で実績をあげている。
■ホームページ https://www.bemap.co.jp/
【サービス・商品内容に関するお問い合わせ先】
  株式会社ビーマップ 事業推進本部 担当 津幡    電話 : 03-5297-2263

★フルノシステムズについて

フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニーです。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築には欠かせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供しています。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現します。無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』および無線LANアクセスポイント『ACERA(アセラ)シリーズ』は、国内メーカーである高い品質と技術、充実したアフターサービスが評価され、オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しています。

※本資料に記載されている社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※「無線LANケータリング」は、株式会社フルノシステムズの登録商標です。
※「AirSignage(エアサイネージ)」は、株式会社フルノシステムズの登録商標です。
 

報道関係お問い合わせ先

【問合せ先】株式会社フルノシステムズ 〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル
【広報窓口】TEL:03-5600-5111(代表) 広報室 担当:鈴木/西村/川合
URL : http://www.furunosystems.co.jp/