デュアルラジオ アクセスポイント

ACERA 1110

NEW
ACERA 1110

緊急時は「00000 JAPAN」&防災Wi-Fiに対応
無線通信の「高速化」と「安定性」を同時実現
 


【暫定版情報】 ACERA 1110はリリース前製品です。今後仕様など一部変更される場合があります。(2017年7月発売予定)

 

  • 同時接続100台以上 *1
  • 電波干渉に強い!
  • -10℃~55℃対応
  • スモールスタート
  • 無線バンドステアリング機能
  • 保証期間5年
  • 「00000 JAPAN」&防災Wi-Fi対応

主な特長

5GHz帯(802.11ac/n/a)と2.4GHz帯(802.11n/b/g)を同時使用可能なアクセスポイント。従来の11n対応アクセスポイントの通信速度と比べ、4倍以上の高速化を実現。また、スマホの普及と共に混雑のひどくなる2.4GHz帯の中でも、接続にも強い「耐干渉性能」を実現しています。

安心の通信品質 ACERA採用のメリット

  • 日本の教育ICTシーンで、信頼される豊富な実績&「業務用品質」
  • 同時接続100台以上*4
  • 干渉波フィルタリング機能
  • 5GHz/2.4 GHz帯、通信の偏りを最適化「無線バンドステアリング機能」
  • 通信の独り占めを公平化する「無線通信公平化機能」
  • 「00000JAPAN」&防災Wi-Fi対応
  • 安心の無償保証期間5年。故障時には先出し交換でご対応

適応シーン

  • 観光・自治体
  • 学校・教育
  • ホテル&リゾート
  • イベント・セミナー会場
  • 病院・介護施設
  • 飲食・店舗

など

おすすめポイント

日本の折り紙を思わせる、軽やかで洗練された新デザイン

アンテナを全て内蔵化。一切の外部突起をなくしたスタイリッシュフォルムはお客様環境と調和し、「場の持つ空気感」を損なうことがありません。高品質を誇る国内メーカとして、高い通信機能の実現と「スタイルとしての美しさ」を両立。学校、ホテル、オフィスや観光フリースポットなど、「日本の無線活用シーン」に幅広 くご活用頂けます。

無線に厳しい接続環境に強い!

2ストリームMU-MIMO採用で複数台クライアント接続時のスループットが向上*1加えて11acビームフォーミング機能搭載で、障害物の多い環境下でのスループットを約15%改善。*2(当社従来比)遮蔽物の多い空間など、無線にとって厳しい環境下でも、安心してご利用頂けます。

多台数接続に強い!新CPUの採用

4コアの新CPU採用で処理能力・実行速度が向上。多台数同時接続時のスループットが約25%アップしています(当社従来比)。1教室40台の生徒用タブレットを使用するICT授業など、同時接続台数の多いシーンや、動画閲覧時などに大きなメリットを発揮します。

-10℃~55℃対応。熱にも強い耐環境性能

高速通信実現に伴う「発熱対策」に、放熱効果の高い素材(アルミダイキャスト)を採用。高速通信に伴う「発熱」から本体を手厚く守り、連続運用にも強い仕様となっています。

新機能802.3ad準拠「リンクアグリゲーション機能」

2本の有線LANを1本のLANの様に取り扱うことで、有線側の通信速度を向上させます。万が一の際、有線の冗長化機能ともなり、一層高速化した無線機能のメリットを損なわず、最大活用するための新機能です。

緊急時は「00000JAPAN」に。防災Wi-Fi対応

通常時の「無線LAN環境」を災害発生時、一般開放できる「災害時支援」に切替可能。万が一の際にも、安心のインフラとして活用頂けます。クライアントの通信が5GHz/2.4 GHzどちらかに偏らないよう、無線間調整を効率的に行う「無線バンドステアリング機能」や、特定のクライアント端末による無線空間の通信占有期間を“公平に分配”し改善につなげる「無線通信公平化機能」などが、通信の効率化や混雑緩和に貢献。学校やホットスポットなど、多台数の安定接続が不可欠なシーンで、有効に働く機能です。

UNIFAS連携で統合管理へ。無線稼働状況がわかる「MAP機能」も。

アクセスポイント1000台*3までの統合管理を実現する当社無線LAN管理ツール「UNIFAS」との連携で、複数拠点の統合管理を実現。無線の稼働状況をわかりやすくグラフィカルに把握できる「MAP機能」などが高いユーザビリティを実現します。

UNIFAS詳細
 


【注意事項】
*1 MU-MIMOに対応している、1×1クライアント端末の場合に限ります。
*2 実際の無線環境と使用するクライアント端末により効果に差があります。
*3 設計値であり、サーバ仕様、動作条件等により制限される場合があります。
*4 設計値であり、実用的な通信帯域を保証するものではありません。
*5 無線LAN規格上の最大値であり、実測値ではありません。
*6 W52、53は屋外使用不可。W56は屋外使用可能。
*7 USB使用時はIEEE802.3at仕様となります。本機はPoE Class4として認識されます。
*8 「STモード」:当社の無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」を必要とせず、スタンドアロン型のアクセスポイントとして単体動作するモード。
*9 「MSモード」:当社の無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」と連携して動作するモード。

【免責事項・注意事項】
当社においては、実環境での動作保証、性能保証は行っておりません。
また、ご使用になる端末により、通信エリア、通信速度は異なります。


対応ソフトウェア

「UNIFAS Managed Server」は、複数拠点の無線ネットワークをソフトウェアで一括監視する管理システムです。統合管理により管理者負担やネットワーク拡張時の工数を大きく削減。日本語GUI対応。クラウド活用でさらなるTCO削減も

UNIFAS詳細

関連アクセサリー

本体保護に役立つケース類はこちら