3RF対応アクセスポイント

ACERA 1210

NEW
ACERA 1210

「無線の通信量増大」「多台数&安定接続」にまつわる さまざまな課題を、3RFが解決

*製品発売前情報につき、今後変更となる場合があります。(2020年発売予定)

  • 最新のWPA3対応
  • 最大接続台数381台*1
  • 3波間バンドステアリング機能
  • 「00000JAPAN」
  • 安心の無償5年保証

主な特長

無線機を3台搭載することで2.4GHz、5GHz(W52/53)、5GHz(W56)の合計3波の同時使用を実現。最大で381台のタブレットやノートPC等の端末の無線接続が可能に。

3RF対応。無線機は2台から3台へ

ACERA1210は、2.4GHz帯(1台)、5GHz帯(2台)計3台の無線機を搭載。従来最大2波であったACERAの無線環境は、「2.4GHz」「5GHz(W52/53)」「5GHz(W56)」の計3波で同時使用可能になりました。

3RF(スリーアールエフ)とは、3つの周波数(RF:Radio Frequency)、3種類のWi-Fiを同時に利用できる仕様を意味します。

いっそう頼れる!通信容量アップ

3RF対応により、通信容量が大幅にアップ。動画活用、オンデマンド授業での活用など、教育現場における無線負荷の増大も、3RF対応ACERA1210なら安心してご利用いただけます。

最大接続台数 381台*1(従来比150%)

2.4GHz、5GHz(W52/53)、5GHz(W56)の計3波それぞれに127台づつ、合計381台の最大接続を実現しています。大講堂や図書館など広い空間で、タブレットやPCの多台数接続を安定的に実現します。

「快適無線」の実現にむけて

混雑する周波数帯を回避し、接続先を3波間で自動切替する「無線バンドステアリング機能」。また、特定クライアント端末の無線通信占有期間を公平に分配し、最適化につなげる「無線通信公平化機能」など、多台数接続に伴う様々な課題への対策を行っています。

適応シーン

  • 観光・自治体
  • 学校・教育
  • ホテル&リゾート
  • イベント・セミナー会場
  • 病院・介護施設
  • 飲食・店舗

など

ACERA1210 採用のメリット

  • 最新のWPA3対応でセキュリティ強化
  • 最大接続台数  381台*1
  • 3波間無線バンドステアリング機能
  • 「00000JAPAN」&防災Wi-Fi対応
  • 安心の無償5年保証。先出センドバック 方式で故障時に対応

    *1 設計値であり、実用的な通信帯域を保証するものではありません。

UNIFAS連携で統合管理実現

最大3000台(注)までのアクセスポイントを統合管理できる無線ネットワーク管理ツール「UNIFAS」。 UNIFAS+ACERAなら、管理者負担を軽減しながら、高品質な無線ネットワークを実現。オンプレミスのほかクラウド環境でUNIFASをご利用いただけるサービスもあります。

(注)設計値であり、サーバ仕様、動作条件により制限される場合があります。1,001台以上の管理は、別途ライセンス費用が必要です。

UNIFAS詳細
 


 

サポート・ダウンロード

対応ソフトウェア

「UNIFAS Managed Server」は、複数拠点の無線ネットワークをソフトウェアで一括監視する管理システムです。統合管理により管理者負担やネットワーク拡張時の工数を大きく削減。日本語GUI対応。クラウド活用でさらなるTCO削減も

UNIFAS詳細

関連アクセサリー

本体保護に役立つケース類はこちら