finpad 703f

販売終了
finpad 703f

Linux OS
2次元コード対応モバイル情報端末。
RSSコード(GS1 DataBar)にも対応


主な特長

バーコードから2次元コード、さらにはRSSコード(GS1 DataBar)まで幅広く対応し、1台の端末の適応シーンはさらに拡大。
共通プラットフォームによる展開で、製造業や食品業、加工業、医療産業など、多彩なソリューションへの対応が可能に。

おすすめポイント

IEEE 802.11b/g & Bluetooth®

バーコード / 2次元コード & RSSコード(GS1 DataBar)

従来のバーコード・2次元コードに加え、新シンボルとして標準化されるRSSコード(GS1 DataBar)にも一台の端末で対応。より省スペースでの印字が可能になるRSSコード( GS1 DataBar)は、医療分野はじめ、今後多くの分野への普及が予想されます。

QVGA液晶

高精細QVGAカラー液晶が、商品写真もきめ細かく色鮮やかに描画。文字だけでは伝わりにくかった情報も、画像を添えることでより確実に表現できます。

スケーラブルフォント

さまざまな人やシーンにとっての「読みやすさ」を追求し、視認性・可読性に優れた、ユニバーサルなフォントを採用。文字サイズやボールド、カラーなど、多彩な表現方法が選べるスケーラブルフォントです。

落下強度 2.0m

移動時におこりがちなうっかり落下や、日常使用の中で避けられない「置く」動作など、多頻度衝撃から、プロテクタ構造で内部を保護。安心して取り扱えます。

ユニバーサルデザイン

指先に確かな反応を返す「クリック感」、誤作動を防ぐ「キーピッチ」、ハッキリ見やすい「キー表示」など、成熟したキー設計が操作・入力をサポートします。

大きな手にも小さな手にも、しっくりと安定する持ちやすさと、ポケットにも入れやすい凸凹が少ない形状。

快適読み取り

正面に1カ所と、左右の側面に2カ所、合計3カ所にスキャンボタンを用意。右手、左手。親指でも、人差し指でも。自由な持ち方で各種コードを読み取れます。また、深い読み取り深度により、スムーズな読み取りを実現します。

カンタン設定

必要な値が印刷された設定シートを用意しておけば、それを読み取るだけで、すぐに使い始められる状態に端末をセットアップすることが可能です。

ネットワークセットアップ

初回設定を含め、端末の設定変更はネットワーク越しに行なえます。たくさんの端末に、1つ1つ手作業で値を設定していく必要はありません。

長時間運用

フルノ独自の技術が、約10時間という11g通信の長時間運用を実現しました。無線のリアルタイム性を損なうことなく、画像等大きなデータの送受信時にも安心です。

RoHS対応

Linux ~業界初。安定性・拡張性に優れたLinuxをOSに採用。

業務用無線端末としては業界で初めて、OSにLinuxを採用しました。将来を見据えた先進の機能を有し、端末の活用の幅が広がります。ソースコードが開示されているため、細部にわたってメンテナンスが可能となりました。

適用業務として

ショッピングセンター、スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニ、ディスカウントストア等での商品発注、入荷検品、棚卸し、商品照会、売価変更、ラベル発行、廃棄処理等の業務に活用。

物流倉庫、配送センター、商品センター等での入出荷管理業務やピッキング業務に活用。
製造工場で進捗管理や資材管理、作業管理等の業務に活用。
食品製造メーカーでの生産管理やトレーサビリティ(履歴管理)の業務に活用。

医療分野で。これまでバーコード添付の難しかった小さなサイズの薬剤もRSSコード(GS1 DataBar)で管理を行うことにより、医療過誤の防止に。

無線LAN機器取り扱い上の注意

リチウムイオン二次電池の取扱いについて

サポート・ダウンロード

関連アクセサリー

【端末を守るケース類】
端末活用のシーンで起こる大小様々な小さな衝撃。わずかな衝撃も、日々繰り返し積み重なることによって予想外のダメージに繋がる場合があります。
故障リスクを低減し、機器類を長くご活用頂くために、フルノシステムズでは、専用の保護ケース類をお奨めしています。
端末本体保護に役立つケースやホルダはこちら

※機器への影響は、使用環境や使用状況により異なります。




【電池パック・充電器】
くわしくはこちら

 

導入事例