PI-580

販売終了
PI-580

さまざまなリスクに対応できる総合性能へ。
ハンディターミナルは、ここまで進化した。


主な特長

落下の衝撃や雨滴、寒暖に強いタフな構造。紛失や盗難時のデータ漏洩を防止する機密性。
人間工学に基づいた見やすさ、使いやすさ。開発、運用面での高い利便性。さらには多様なシステムへの対応、高速CPU、WindowsCE5.0の搭載などで、次世代ハンディターミナルの理想をカタチにしました。

おすすめポイント

強さ、タフさをきわめた堅牢設計

約1.5m ※1 からの落下でもデータを守ります
さまざまな利用シーンを考慮して、軽くて強靭なマグネシウム合金製フレームを採用。さらに本体下部にエラストマ材ダンパーを採用することにより、すぐれた耐衝撃性を実現しています。

ファイル保護・修復機能
ユーザーファイルメモリ領域をSDカード/CFカード ※2 に持たせることにより、万一本体が故障してもカードを代替機に差し替えて業務を継続したり、PCにデータを退避させることが可能です。

IP54準拠。※3 雨、粉塵、寒暖に負けません
環境試験規格IP54に準拠。すぐれた防塵・防水性能により、粉塵があるところや、雨の日の屋外、水物を扱う屋内などでも使えます。また-10℃~50℃の環境でも動作。冷凍庫内でも活用できます。

※1:非動作中。当社規定による。
※2:オプション。
※3:粉塵が内部に侵入することを防止、若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害せず、またいかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けないこと(プリンタ部は除く)。なお、IP(International Protection)とはIEC規格529に基づいて規定された固形異物や水に対する電気機器やキャビネットの異物侵入保護等級表示のこと。

多様な資産を有効活用するオープン設計

汎用の開発・運用も幅広くサポートします
Microsoft_ eMbedded Visual C++_ 4.0(SP4)、Visual Basic.NET_ 2005を用いたオープンな開発環境、RDP、ブラウザ(IE6.0 for CE)などのソフトウェアをサポート。開発工程を大幅に削減できます。

既存のCOBOL資産が継承できます
COBOL85 開発ソフトをサポートしますので、既存COBOLアプリケーション資産がムダなく活用できます。

使いやすさを深く追求した親切設計

どこでもくっきり見えるカラー液晶です
240×320ドット3.5型半透過カラーTFT液晶(バックライト付き)を搭載。暗い屋内ではバックライトではっきりと、屋外では外光の反射を利用して鮮やかに表示します。タッチパネルの搭載により、画面に触れるだけの簡単操作です。

手袋をはめたままで操作できます
キーボタンの間隔をあけることで、軍手、ゴム手袋をはめたままでのスムーズな入力が可能です。また、キーボタン部分がバックライト対応のため、暗所での入力作業も容易です。

約31行/秒 ※1 の高速印字ができます
幅広80mmのプリンタを標準搭載。当社独自の技術により約31行/秒の高速印字と低消費電力を両立しました。また、TrueType ※2 によりスムーズで読みやすい文字が印字できるほか、縦・横、イメージ、バーコードなど、幅広い印字形式に対応しています。
※1:1P用紙、キャラクタ(英数カナ)印字時
※2:C言語での開発時のみ

持ちやすく、キー操作も容易です
重心がほぼ中央にくるバランス設計です。両手で持ったまま、両手親指による同時キー操作も容易です。

セキュリティ対策にこだわった機密設計

起動時パスワード入力。部外者に使わせません
本体起動時に必要になるパスワード入力により、利用者以外の不正利用を防止。

ファイル暗号化。盗難・紛失時のデータ保護も万全です
取り出し可能なSDカードやCFカードからのデータ漏洩防止のためにファイルを暗号化。リード時は読み込みデータのみ復号、ライト時は書き込みデータのみ暗号化するため、カード内には暗号ファイルのみしか記録しません。

装置固有IDの設定。不正利用を許しません
アプリケーションにて事前に設定した固有IDとの照合が可能。大切なデータの表示や印字前に固有ID入力画面を設けることにより、万一電源オン中に盗難に遭っても不正利用が防止できます。

サポート・ダウンロード

関連アクセサリー

【端末を守るケース類】
端末活用のシーンで起こる大小様々な小さな衝撃。わずかな衝撃も、日々繰り返し積み重なることによって予想外のダメージに繋がる場合があります。
故障リスクを低減し、機器類を長くご活用頂くために、フルノシステムズでは、専用の保護ケース類をお奨めしています。
端末本体保護に役立つケースやホルダはこちら

※機器への影響は、使用環境や使用状況により異なります。




【電池パック・充電器】
くわしくはこちら