無線LAN機器取り扱い上の注意

電波に関する注意

この機器の使用周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機器のほか工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

  1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が運用されていないことを確認して下さい。
  2. 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用周波数帯を変更するか又は電波の発射を停止した上、弊社担当営業にご連絡頂き、混信回避のための処置等(例えば、パーティションの設置など)についてご相談して下さい。
  3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、弊社担当営業までお問い合わせ下さい。

電波の種類と干渉距離

2.4
→ 2.4GHz帯を使用する無線設備を表す。
DS・OF
→ 変調方式が「DS-SS/OFDM方式」であることを表す。
DS
→ 変調方式が「DS-SS方式」であることを表す。
FH
→ 変調方式が「FH-SS方式」であることを表す。
1
→ 想定される与干渉距離が10m以下であることを表す。
4
→ 想定される与干渉距離が40m以下であることを表す。
 
  1. ❶ 全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能で有ることを表す。
  2. ❷ 全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避不可で有ることを表す。