finpad 903f

主な特長

finpad 903fは、5GHz帯(802.11ac/n/a)と2.4GHz 帯(802.11n/g/b)&2次元コード対応モデル。

「IP65」対応。ほこりや水などを伴う屋外作業や温度変化に強い堅牢性・操作性を実現しました。「互換モード」がこれまでの構築資産を有効活用、4世代分機種が同一業務システムで運用可能に。無線アクセスポイントに加え、Wi-Fi ルータ* でも通信OK。

*各種接続機器については、事前の動作確認が必要です。

おすすめポイント

つよく*髙い耐環境性能

201805311823_1.jpg▲防水性能

防塵/防水性能を進化させ、「IP65」に対応。粉塵の影響を受けるハードな現場環境や、雨天時の屋外作業などでも、安心してご利用いただけます。また、-20℃~+50℃と1台で広い温度帯をカバー。温度変化にも強く冷凍倉庫(-20℃)と荷さばき室(0~+10℃)間の移動時も、シームレスな運用が可能です。

  • 動作温度 -20~+50℃
  • IEC 防塵・防噴流型(IP65)
  • 耐静電気 気中放電±20kV、接触放電±10kV
  • 連続落下 1m 1500回(転倒衝撃)

やさしく*優れた「互換性」

201805311823_2.jpg▲キーパネル照明

「互換モード」搭載。サーバソフトのバージョンアップを要することなく、使用中の既存端末環境から「finpad 903f」 へ継承が可能です。システムへの新機種追加時に、管理者の手を煩わせることがありません。

暗い環境下でも作業を中断させない「キーパネル照明」を装備。

うつくしく*「シンプル&洗練のデザイン」

201805311823_3.jpg

端末を手にするユーザーの喜びにつながるような美しさを実現しています。ハードな環境に強い性能に加え、シンプルでありながらも洗練されたデザインが、働く人の毎日のワークシーンを一層豊かに、彩ります。

画面サイズで選べる! finpad

891_ext_21_5.gif

891_ext_21_17.jpg

【製品落下強度の評価について】

フルノシステムズでは、右の回転式落下襲撃試験装置で、製品の落下強度転倒衝撃を検証評価しています。
本装置により、定量的な落下試験を安定的に繰り返すことができます。

※finpad 903f は「1.0m 転倒衝撃(1,500回落下)」

システム構成例

891_ext_21_6.gif

finpad 903fの運用を支えるツール&ミドルウェア

無線端末活用のスタイル&お客様ニーズに合わせて、「ミドルウェア選択」が可能になりました。

無線ハンディターミナルシステムをより手軽にスタートしたい

112_ext_21_8.gif

●AS400直結型 5250エミュレータ
Fstart 5250(エフスタートゴーニーゴーマル)

業務システムの通信リアルタイム性、無線の安定性を確保したい

112_ext_21_14.gif●無線LAN統合開発ツール
WARP wit (ワープウィット)
●5250無線エミュレータ
WL5250 (ダブルエル ゴーニーゴーマル)
●業務用無線ブラウザ
Bisweb
(Biswebは互換モードにのみ対応)

アプリケーション資産の継承が容易に

互換モードを搭載。お客様が、旧機種「finpad 700f(MK2)」「finpad 800f」ご利用の場合、アプリケーションの変更やMORSのバージョンアップなしで「finpad 900f」への移行が可能です。(「finpad 500f」・「finpad smart」 ご利用のお客様は、マイグレーション機能で継承可能)従来のアプリケーション資産の継承が容易になることで、新機種への移行がスムーズに行えます(Fstart5250は除く)

適用業務として

▲物流:ピッキング

▲小売:棚卸し

▲製造:トレーサビリティ

リチウムイオン二次電池の取扱いについて

無線LAN機器取り扱い上の注意

ハンディターミナルについてのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
https://secure-link.jp/wf/?c=wf80677001

仕様・外観

製品比較

制御部
CPU ARM Cortex-A8
OS Linux
ROM 128MB(システム用)
RAM 64MB
ユーザ用ディスク microSDHC™カード 最大32GB(設定ファイルなどを含む)
表示部
解像度 240×320ドット(QVGA)
LCD 2.8型(7.1cm)TFT透過型カラー液晶(4段階バックライト付)
画面表示サイズ 42×56mm
表示色 65,536色(画像データ)、65,536色中16色を選択(テキスト)
入力部
ファンクションキー F1~F4
トリガーキー 3個 / スキャン(正面)、トリガー(左、右)
キーパネル照明 あり
スキャナ部
方式 CMOSイメージセンサ
最小分解能(1次元)*1 0.125mm以上
最小分解能(2次元) 0.167mm以上
読取可能距離 38~148mm(QR 分解能0.25mm)
53~208mm(QR 分解能0.33mm)
63~278mm(QR 分解能0.50mm)
73~138mm(CODABAR 分解能0.15mm)
68~238mm(CODABAR 分解能0.25mm)
68~298mm(EAN-8 分解能0.33mm)
読取可能コード(1次元) UPC-A、 UPC-E、EAN/JAN-8、 EAN/JAN-13
Code39、 Code39 Full ASCII、 Code93
Code128(GS1-128)、 CODABAR(NW-7)、ITF
RSS(GS1 DataBar)[RSS-14/Limited/Expanded]
読取可能コード(2次元)*2 DataMatrix(ECC200) 、PDF417、
MaxiCode、QRCode、
microQR、CompositeCode
インタフェース部
Bluetooth® Ver4.2 Bluetooth SMART READY
無線部
無線規格 IEEE 802.11ac/n/a/g/b準拠 (14ch非対応)
無線周波数:802.11n/g/b 2,412~2,472MHz(1~13ch)
無線周波数:802.11ac/n/a [W52、53 *3]5.180~5.320MHz(36, 40, 44, 48, 52, 56, 60, 64ch)
[W56*3]5.500~5.700MHz(100, 104, 108, 112, 116, 120, 124, 128, 132, 136, 140ch)
通信制御方式 CSMA/CA
セキュリティ WEP(64/128bit)、WPA-PSK(AES)、WPA2-Personal (AES)
その他
スピーカー 多音階、7音量[アプリケーションで設定]
LED 2色発光LED(青・赤)2個/通信用、電源用
バイブレータ あり
電源部
メイン電池(動作用) リチウムイオン電池(充電式)
動作時間:FSCモード*4 約18時間
動作時間:JEITAモードB*5 約18時間
動作時間:JEITAモードG*6 約14時間
バックアップ 電気二重層コンデンサ、リチウム電池(時計用)
形状
寸法 176×61(46)×31(26)mm
( )内はグリップ部の寸法。突起部含まず。
質量 約240g(電池パック装着時)
耐環境性能 *7
動作温度/湿度*8 -20~+50℃ / 20~85%RH
保存温度/温度*8 -20~+60℃ / 20~85%RH
充電時温度/湿度*8 0~+40℃ / 20~85%RH
落下 2.0m(自然落下 各面1回、計6回)
転倒衝撃*9 1.0m 転倒衝撃(1,500回落下)
静電気 気中放電:±20kV、接触放電:±10kV
防塵/防水 IEC防塵・防噴流型(IP65)
環境施策
環境施策 RoHS対応、環境配慮設計
標準品、オプション
標準品 本体、リチウムイオン電池パック、ハンドストラップ
オプション リチウムイオン電池パック、電池パック単体充電器、microSD/SDHC™カード
卓上ホルダー、卓上ホルダー用ACアダプタ
外観図

【注意事項】

*1 スキャナが認識できる細いバーの幅の最小値
*2 QRはECI(拡張チャネル解釈)モードには対応しておりません。
*3 W52、53は屋外使用不可。W56は屋外使用可能
*4 FSCモード:下記(1)(2)の繰り返し(バックライト:暗い)
(1)20秒毎にバーコード1秒スキャン → 表示を行う、(2)20秒間に1KBの無線データ送信、1KBの無線データ受信を1セット行う
*5 JEITAモードB:下記(1)の繰り返し(バックライト:暗い)
(1)10秒毎にバーコード2枚読込み → 表示・メモリを行う
*6 JEITAモードG:下記(1)(2)の繰り返し(バックライト:暗い)
(1)10秒毎にバーコード2枚読込み → 表示・メモリを行う、(2)10秒間に1KBの無線データ送信、1KBの無線データ受信を1セット行う
*7 試験値であり、保証値ではありません。
*8 結露、氷結なきこと。
*9リチウムイオン電池パック、microSDHC カードを除く

カタログ・ドキュメント

カタログ

取扱説明書