Fstart 5250

Fstart 5250

IBM iSerise(AS/400)と直接接続。
ゲートウェイサーバ不要。

対応機種一覧はこちら


AS400直結型5250エミュレーターFstart5250(エフスタート5250)とは

コンパクトに「無線ハンディターミナルシステム」を運用開始できます。一方、将来「WL5250(サーバモデル)」への拡張も可能。それまでのハードウェア資産を有効に継承でき、拡張時費用が抑えられます。

おすすめポイント

画面デザイン

ホスト環境(RPG)で作成した画面が、そのままハンディターミナル上で画面表示されます。

らくらくプリント

モバイルプリンタへの印刷レイアウトもビジュアル的に作成可能。印刷コマンドや通信制御の専門知識は不要です。
*オプションで「V Label」が必要です。

「V Label」についてはこちら

さらに・・・
  • 4種類のフォントが選択・混在可能
  • 無線端末側の操作でセッション終了が可能
  • スムーズなアクセスポイント間の移動

便利な機能

  • キーカスタマイズ
    ハンディーターミナルのーに5250機能キーの割当が可能。
  • ブザー制御(連動してバイブレータの制御も可能)
    アプリケーション (DDS)に独自キーワードを記述する事によりブザー音の制御が可能。
  • スキャナサービス
    読み取り可能バーコード種類の設定・先行読み取り有無の設定・フィールド単位のスキャナ制御等が可能。

システム構成

動作条件

IBM System i5(AS/400)本体

  • Telnet5250(TCP / IP接続)が稼働する環境が必要
  • OS:OS / 400 Ver4.1以上を推奨

ネットワーク環境

  • イーサネット環境で稼働
  • SNA環境直下での接続不可
    イーサネット環境接続用のプロトコル変換用ルータ、ブリッジ等が必要

エミュレータ方式/バッチ方式 ~無線のちがいについて~

長い間、ハンディターミナル(HT)はデータ入力機としてバッチ(一括処理)システムのフロントエンドで利用されてきました。近年無線LAN対応の HTの出現により、逐次処理可能な『リアルタイムシステム』にも対応できるようになりました。前者は『無線バッチ方式』、後者は『無線リアルタイム方式』と呼ばれています。フルノシステムズでは後者を特に、上位側で データ処理を行わせることから『エミュレータ方式』と呼んでいます。

定期的にしか上位システムにアクセスしない『無線バッチ方式』にくらべ、 『エミュレータ方式』は常に良好な通信状態を維持することが必要となります。 HTから上位サーバまでの通信経路の信頼性、特に無線区間の信頼性の確保、通信中でもHTがエリア間をスムーズに移動できるローミング性能の確保が、無線エミュレータ方式実現の鍵となります。

関連アクセサリー

端末活用のシーンで起こる大小様々な小さな衝撃。わずかな衝撃も、日々繰り返し積み重なることによって予想外のダメージに繋がる場合があります。
故障リスクを低減し、機器類を長くご活用頂くために、フルノシステムズでは、専用の保護ケース類をお奨めしています。
端末本体保護に役立つケースやホルダはこちら

※機器への影響は、使用環境や使用状況により異なります。

obj_accessory_effect.jpg