No.12 アクセスポイントとルーターの役割は? 違いを知って快適な通信環境整備に役立てよう 3分でわかる!無線LANミニ知識

「アクセスポイントとルーターの違いがよく分からない」という方は多いのではないでしょうか。それぞれの違いを知れば、企業や学校での通信環境の改善に役立てられます。
今回は、アクセスポイントとルーターの役割や違い、さらに法人向けの無線LANアクセスポイントがおすすめの理由について解説します。

アクセスポイントやルーターと聞いてすぐに違いを説明できる方は少ないはずです。多くの方は「名前は認識しているけれど、違いがよく分からない」と感じているかもしれません。

パソコンやスマートフォンなどをインターネットに接続する際、有線でつなぐか無線でつなぐか、何台の端末を使用するかといった条件によって、どの機器が適しているかが異なります。

今回はアクセスポイントとルーター、Wi-Fiルーターの違い、さらに企業や学校における通信環境の改善におすすめの法人向けアクセスポイントについて紹介します。

アクセスポイントとルーターの違い

アクセスポイントとルーターは、どちらも端末をインターネットに接続する際に必要な機器です。

二つの機器が持つ大きな違いは、端末との接続を有線で行うか無線で行うかという点です。アクセスポイントとルーターの役割や特徴に加え、一般的に使用されているWi-Fiルーターの特徴やメリット・デメリットについてもチェックしてみましょう。

参照URL:

https://dream.jp/mb/tips_m/wifi08.html

https://www.furunosystems.co.jp/column/2018/10/000574/

アクセスポイント

No12-1.jpg

アクセスポイントとは、有線で受信したインターネット通信を端末間で無線接続するために電波を発信・受信する機器です。

無線LANアクセスポイントやワイヤレスアクセスポイント、親機や基地局とも呼ばれ、基本的には有線LANと接続して使用します。同時に複数台数の端末に接続できるため、パソコンだけでなくスマートフォンやゲーム機などでインターネットを使用したい際にも活用できます。

参照URL:

https://www.furunosystems.co.jp/products/musenlan/

https://fuji-wifi.jp/column/?p=331

ルーター

ルーターは、複数の端末をインターネットに接続する際に必要な機器です。アクセスポイントとの違いとして、有線で端末に接続しなければならないという特徴があります。

たとえば、スマートフォンやゲーム機でWi-Fiを使いたいときは、アクセスポイントとルーターを有線接続しなければインターネットには接続できません。

Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターは、ルーターとアクセスポイント両方の機能を備えた機器です。主に無線LANルーターや家庭向けWi-Fiアクセスポイントとも呼ばれます。

有線のルーターを使用して端末をインターネットに無線接続する場合、ルーターとアクセスポイントの両方の設置が必要ですが、Wi-Fiルーターをモデムに直接接続すれば、無線LANでインターネットに接続できます。

Wi-Fiルーターには設置がラクというメリットがある一方で、有線での接続と比べて電波障害や通信速度の制限を受けやすい難点もあります。さらに、接続する端末台数が増えると通信速度が遅くなってしまうこともデメリットの一つです。

参照URL:

https://www.furunosystems.co.jp/column/2018/12/000572/

https://www.furunosystems.co.jp/column/2018/10/000574/

https://fuji-wifi.jp/column/?p=331

法人の通信環境改善にはアクセスポイントの見直しが重要

企業や学校など、何百台もしくは何千台といった端末を同時にインターネット接続しなければならないときには法人向けのアクセスポイントの使用が望ましいといえます。

法人向けのアクセスポイントを使用するメリットとして、家庭用のアクセスポイントよりも安定してインターネットに接続できること、同時に接続できる端末台数が多いことなどが挙げられます。

さらに、情報漏えい防止のためのセキュリティ対策が強固であるという点も法人での通信環境を整備するうえで重要な点です。

「少人数のオフィスだから家庭向けのアクセスポイントを使用している」「端末の台数を増やしたら接続が不安定になってしまった」という場合は、セキュリティ対策・安定した通信環境の両方を実現できる法人向けアクセスポイントの設置がおすすめです。

参照URL:

https://www.furunosystems.co.jp/column/2018/12/000572/

法人向けアクセスポイントは使用する端末台数やセキュリティの強度で選ぼう

端末をインターネットへ接続する際、ルーターやアクセスポイントなど、どの機器を使用するかによって速度や使用できる端末台数が異なります。

現代ではスマートフォンの使用が一般的なため、家庭やオフィスにおいて無線でインターネットに接続できるWi-Fiルーターやアクセスポイントの使用は欠かせません。特に、法人で多台数の端末を同時にインターネットへ接続する場合は使用する端末数やセキュリティ面にも注意して機器を選択することが大切です。

フルノシステムズでは、法人向けの無線LANアクセスポイントを多数そろえています。種類によっては1台で350台以上の端末をインターネットに接続できるものもあり、企業や学校などでの安定した通信環境の実現に貢献します。

「セキュリティ面に優れたアクセスポイントを探している」「事業の拡大を機に社内の通信環境を見直したい」という方は、ぜひフルノシステムズの法人向け無線LANアクセスポイントの設置をご検討ください。