No.15 ハンディターミナルとは? 物流・製造業界を支える専用機器のメリットや必要な環境 3分でわかる!無線LANミニ知識

物流業界で一般的に使用されているハンディターミナルですが「具体的にどのようなメリットがあるのか分からず導入に踏み切れていない」という企業や工場の担当者さまもいるのではないでしょうか。今回はハンディターミナルのメリットと利用時に必要な環境について解説します。

「ハンディターミナルで物流業務がラクになる」という意見を耳にしつつも「実はその実態がよく分かっていない」という方も多いのではないでしょうか。

ハンディターミナルは、一言でいえば物流や製造、小売などの業界で活用されるデータ収集端末のことです。今回はハンディターミナルを物流業務で利用するとどのようなメリットがあるのか、利用の際に必要な環境と併せてご紹介します。

No.15-1.png

ハンディターミナルとは?

ハンディターミナルとは、携帯できるデータ収集端末のことです。1次元バーコードや2次元コードを読み取る機能のほか、キー入力、データの送受信など複数の機能を備えています。

倉庫内の商品検索や棚卸し、在庫管理、屋外での簡易レジ業務など、物流から小売までさまざまな場面で活用できます。

No15.png

参照URL:

https://www.keyence.co.jp/ss/products/autoid/handheld-terminals/about/means.jsp

https://www.daiwabutsuryu.co.jp/useful/words/handy-terminal

https://www.mylogi.jp/warehouse/handy-terminal/#ハンディーターミナルとは?

ハンディターミナルを利用するメリット

ハンディターミナルを使用することで、物流業務の精度を高められるほか、業務負担を軽減できるというメリットがあります。ここでは、数あるメリットのうち2つを取り上げてご紹介します。

参照URL:

https://www.zaikokanri.com/column/2016/06_22_01.html

https://www.daiwabutsuryu.co.jp/useful/words/handy-terminal

https://www.mylogi.jp/warehouse/handy-terminal/#ハンディーターミナルとは?

1. 人的ミスの削減

1つ目のメリットは、人的ミスを削減できることです。

ハンディターミナルの利用により、在庫数の目視確認や手入力が不要になります。これにより、数字の読み間違いやデータの入力間違いなどといった人的ミスを削減できます。ミスの起きやすい事務作業が減ることで、業務効率化も期待できます。

2. リアルタイムな在庫管理

2つ目のメリットは、在庫管理をリアルタイムに行えることです。

液晶画面やCPUを搭載したハンディターミナルを利用すれば、その場で在庫処理や在庫記録を行えます。無線LANでハンディターミナルと社内システムとを連携させれば、在庫データのリアルタイムな管理が可能です。

リアルタイムで在庫管理ができることにより、倉庫内の在庫がどのような経路で管理されているかというトレーサビリティを可視化できるため、万が一商品に不備があった場合にも原因を特定しやすくなります。さらに、人員や工数の最適化も行いやすくなる点もメリットの一つです。

参照URL:

https://www.zaikokanri.com/column/2016/06_22_01.html

https://www.daiwabutsuryu.co.jp/useful/words/handy-terminal

https://www.mylogi.jp/warehouse/handy-terminal/#ハンディーターミナルとは?

ハンディターミナルの利用に必要な環境整備

ハンディターミナルを利用する際は、無線LAN接続を行うための環境整備も必要です。特に、無線通信の安定性やリアルタイム性を確保するためには通信環境を整えなければなりません。

そこで、検討したいのが無線LANアクセスポイントや無線通信に特化した専用ソフトなどの導入です。複数のハンディターミナルに安定して接続できることや工場の外でも使用できることなどを条件に考えれば、法人向けの無線LANアクセスポイントが適しているといえます。

参照URL:

https://www.keyence.co.jp/ss/products/autoid/handheld-terminals/about/requirement.jsp

https://smj.jp.sharp/bs/spotlight/2020/03/handyterminal-howtouse/

ハンディターミナルの活用で物流業務の効率化と精度の向上を実現

商品の棚卸しやピッキング、倉庫内の在庫管理など、ハンディターミナルの導入で得られるメリットは複数あります。特に、リアルタイムな在庫管理によって物流業務の効率化や精度の向上が期待できる点は大きなメリットといえます。

ハンディターミナルの機能を十分に活かすには、高品質で安定性の高い通信環境を整えることも重要です。

フルノシステムズでは、ハンディターミナルだけでなく、リアルタイムな処理を行うための無線LANシステムの構築を強力なものにするための専用ソフトも提供しています。ハンディターミナルの導入を検討中の担当者さまはぜひお気軽にご相談ください。