フルノグループとは

見えないものを見るために ~Technology for Visibility~

フルノシステムズは、1984年10月に古野電気株式会社(東京証券取引所市場第1部)の新規事業の一環として、情報端末機およびシステムの企画・開発・販売を目的に設立されました。
フルノグループの一員として、下記のグループテーマを推進してまいります。

いままでも、そしてこれからも、豊かな無線社会を創造してまいります。

経営理念

フルノの事業活動を支えている理念は、次の3つです。

  1. 会社存立の原点は社会の役に立つことである。
  2. 経営は創造である
  3. 社員の幸福は会社の発展と共にある。

事業テーマ

「S・P・Cテクノロジー」による「確かな情報が得られる機器・システムの提供」

「S・P・Cテクノロジー」とは、Sensing Technology(センサー技術)、Processing Technology(信号処理/情報処理技術)、Communication Technology(情報通信技術)という古野電気の事業にとって不可欠な3つの技術の頭文字をとって名づけた造語です。
この「S・P・Cテクノロジー」が古野電気のコアコンピタンスです。

企業目的

社会・ビジネス・暮らしにおける「確実性の向上」の一翼を担う

古野電気が提供する機器・システム・サービスを通じてそれを利用する人々が、ビジネスあるいは日々の暮らしといった様々なシーンにおいて、安全性や快適性を確保し、効率性や生産性を向上できるようにサポートします。

古野電気株式会社会社概要

名称 古野電気株式会社
Furuno Electric Co., Ltd.
本社 〒662-8580
兵庫県西宮市芦原町9番52号
電話番号 0798-65-2111(代表)
設立 昭和26年(1951年) 5月23日
事業 舶用電子機器・産業用電子機器等の製造販売
資本金 7,534百万円
連結従業員数 2,574名
代表者 代表取締役社長 古野 幸男
上場取引所 東京証券取引所 市場第1部
主な取引銀行 みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ信託銀行・十八銀行・福岡銀行
ホームページ http://www.furuno.co.jp/