有馬温泉病院 様 患者と家族のオンライン面会を支えるWi-Fi環境を整備 ~医療現場の可視化と患者・家族に安心感を与えるシステムを運用~

無線ネットワーク導入の背景

有馬温泉病院様は、日本三古湯のひとつである有馬温泉(神戸市北区)にある長期療養のための病院です。手術や救命を行う急性期病院ではなく、ケガや病気を抱える患者が回復するためのリハビリテーションや、重度身体障害者となった患者への慢性期治療を行う役割を担っています。病院の敷地内に有馬温泉の源泉があり、全ての患者が温泉に入浴できるのが魅力のひとつです。

2014年の新病棟開設にあわせて、院内のWi-Fi環境整備に着手しました。Wi-Fiの整備により患者と病院スタッフをつなぐコミュニケーションツール「楽コール・システム」を導入しました。4F病棟のベッドの横にiPadを設置し、患者と病院スタッフの通信はもちろん、患者と家族の面会をオンライン上で実現するシステムとして活用しています。2019年には電子カルテの導入にあわせてWi-Fiを全館に整備しました。

楽コール・システムと電子カルテの円滑な稼働を支えるためのネットワーク基盤として、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)1110」が病院内に多数設置されています。

無線LAN導入における3つの課題

  1. 患者と家族をつなぐ「楽コール・システム」の導入
    患者と病院スタッフをつなぐコミュニケーションツール「楽コール・システム」の導入に伴い、無線LANの整備に取り組みました。無線LANアクセスポイント「ACERAシリーズ」を設置し、画面越しに相手の顔が見える動画機能付きのナースコールとして楽コールシステムを実用化しました。ナースコールとしての用途以外にも、家族との面会で楽コール・システムは活用されています。
  2. 安定した動画通信を実現するための無線LAN
    動画通信を行う楽コール・システムの円滑な運用には、大容量通信に耐え得る無線LAN基盤が不可欠です。業務用品質のACERAは、滑らかな動画通信を可能にするWi-Fiネットワークの構築を実現できます。
  3. 電子カルテ導入に伴う通信基盤の整備
    2019年の電子カルテ導入に伴い、病院全体の無線LAN基盤を整備する必要がありました。多台数のパソコンやタブレット端末を安定して接続できるWi-Fi環境を構築するため、楽コールシステムの運用で実績のあったACERAを採用しました。

システム概要

相手の顔が見える安心感 ―― 安定した動画通信を支える業務用品質無線LAN

動画機能付きコミュニケーションツール

患者と病院スタッフ、そして患者の家族の円滑なコミュニケーションを実現する手段として、楽コール・システムは活用されています。ボタンを押すだけの簡単操作で、ベッド脇に設置したiPadを通して動画通信ができます。相手の顔を見て話すことができる“動画機能付きナースコール”としての役割を果たしており、患者と家族に安心感を与えるシステムとして重宝されています。楽コールシステムを利用し、病床からお孫さんの結婚式に出席したという患者のエピソードもあります。

新型コロナウイルス感染症の流行により面会が制限される状況下においても、オンライン面会ができる楽コール・システムは、患者と家族をつなぐコミュニケーション手段として効力を発揮しています。

院内業務の電子化に貢献

Wi-Fiネットワークが全館を網羅しているため、看護師をはじめとするスタッフは院内の至る所でPCを活用できます。専用のカートにPCを乗せ、患者がいる各部屋を周りながら、電子カルテへの入力などの業務に取り組むことができます。

システムインテグレータ様の声

楽コール・システムにより、患者様は医師、看護師、介護スタッフ、ご家族とiPadを通して会話することができます。コミュニケーションの新しい手法としてシステムが効果を発揮することで、患者様やご家族の安心につながっていることをとてもうれしく思っています。

https://itts.co.jp/

お客様の声

有馬温泉病院は長期療養を目的とする患者様が多い特色上、医師や看護師による医療的なケア以外にも、患者様の身の回りの細かいサポートが必要となります。それらの役割を担う専門スタッフである“コンシェルジュ”が4F病棟に常駐しており、患者様の生活をサポートしています。患者様の日常のお困りごとの解決に、楽コール・システムは役立っています。

「楽コール・システム」は、患者様と病院スタッフ双方の顔が見えることで安心感がうまれます。顔が見えるメリットを生かし、ご家族とのオンライン面会に活用できています。ボタンを押すだけのシンプルな操作で、患者様にもご負担なくお使いいただけます。

有馬温泉病院は、患者様にお使いいただく布団や、共用スペースのソファなど、品質が高く患者様のために良いものを取り入れています。その一環で、Wi-Fi環境にも高い品質を求めました。館内のWi-Fiは不具合なく使えています。電子カルテを使用する上でも不可欠なWi-Fiですが、コミュニケーションツールのための基盤として、これからも活用していきます。

お客様情報

お客様情報

お客様名
医療法人 甲風会 有馬温泉病院
理 事 長
中川 一彦
院  長
藤堂 彰男
所 在 地
兵庫県神戸市北区有馬町1819-2
設  立
1972(昭和47)年
病  棟
回復期リハビリテーション病棟/障害者施設
一般病棟/医療療養病棟
病 床 数
304床
ホームページ
https://aohos.com/

[取材実施:2020年11月]
※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

導入事例に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム
https://secure-link.jp/wf/?c=wf33833274