ジェイシップ株式会社 様 New小規模オフィスにおける最適な業務用Wi-Fiの構築と運用~システム担当者がいなくても導入できるクラウド管理型Wi-Fiサービス~

無線ネットワーク導入の背景

ジェイシップ株式会社は、東京都目黒区に本社を置く人材紹介企業です。元プロ野球選手である城友博社長を中心に、2017年3月に設立されました。野球部をはじめとする体育系学生の就職・採用支援に特化するかたちで、数多くのアスリート学生と企業のマッチングをサポートしています。

会社の成長に伴う従業員の増加により、社内ネットワークに接続するパソコンやスマートフォンの台数が増えたことから、インターネット接続時における動作の遅延などの課題に直面していました。一方で、業務用Wi-Fiの導入については、ネットワークに特化した専門スタッフの不在がネックとなり、最適なソリューションを見つけられずにいました。

以前に使用していた家庭用のルーターからフルノシステムズの業務用無線LANアクセスポイントに切り替えたことにより、ネットワークの遅延などの課題を解決することができました。また、IT専門スタッフがいないという課題に関しては、小規模オフィスでの業務用無線LAN導入と管理運用に適したクラウド型Wi-Fiサービス「ACERA Connect(アセラコネクト)」を利用することで、効率的な運用体制を実現しました。ACERA Connectを採用したことで、導入時のアクセスポイント初期設定や管理システムサーバの構築、IT専門スタッフの不在といった課題を一気に解決することができ、ネットワークに関する業務負担を最小限に抑えながら高水準な無線LAN環境を整えることができました。

無線LAN導入における3つの課題

  1. 企業の成長による従業員数の増加
    会社の成長に伴いスタッフが増加するにつれ、パソコンやスマートフォンを使用する際のネットワーク遅延という課題が顕著になっていました。オフィス用ではない一般家庭用のルーターで賄っていたWi-Fi環境を改善する必要がありました。
  2. 業務を止めない高速・低遅延な通信環境
    スタッフが使用しているノートPCとスマートフォン、タブレット端末を遅延なくスムーズに接続できる通信環境が求められました。常時15-20台程度の端末がネットワークに接続している状況を踏まえ、複数端末の同時安定通信を可能にするネットワーク構築が課題となっていました。また、学生とのリモート面談を頻繁に実施していることから、大容量の動画通信の負荷に耐え得るスペックが必須の条件でした。
  3. IT専門スタッフがいなくても導入できる業務用Wi-Fi
    ITやネットワークに特化した専門スタッフがいないため、業務用Wi-Fiの導入と運用管理において高いハードルがありました。導入時の設定やネットワークが不具合を起こした際の管理サポートなどを担う人材が社内にいなくても、簡単に利用できる業務用品質の無線LANサービスを探していました。

システム概要

初期設定やサーバ構築が不要!ワンストップで利用できるクラウド型Wi-Fiサービス

◇ 導入時の設定やネットワーク管理などの業務負担を削減

ジェイシップでは、東京の本社オフィスにACERAを2台設置してネットワークを整備しました。導入時にかかる作業負担や、導入設置後の管理運用の手間を省くためのソリューションとして「ACERA Connect」を利用しています。

ACERA Connect は、中小規模のオフィスや店舗などでの利用を想定したクラウド管理型のWi-Fiサービスです。アクセスポイントを購入せずに無線LANを月額で利用でき、無線ネットワーク「UNIFAS(ユニファス)」を用いた管理サポートを受けられます。クラウドで管理するので、社外のネットワーク専門の管理担当者が遠隔で状況を把握できます。また、あらかじめ初期設定を施したアクセスポイントをインターネット回線にLANケーブルで接続するだけで業務用品質のWi-Fi環境を簡単に構築でき、設置導入時や運用面での業務負担を軽減できます。オンプレミス(自社運用)型のネットワークでは管理サーバを設置する必要がありますが、ACERA Connect を利用すればサーバを持たずにWi-Fiを構築できます。





お客様の声

ジェイシップでは、野球をはじめとするスポーツに真剣に取り組んでいる学生たちの就職支援やキャリアサポートを事業の柱としています。日本全国の大学に在籍している多くのアスリート学生に登録いただいています。ジェイシップでは、野球をはじめとするスポーツに真剣に取り組んでいる学生たちの就職支援やキャリアサポートを事業の柱としています。日本全国の大学に在籍している多くのアスリート学生に登録いただいています。

スポーツに従事してきた営業スタッフが親身になってサポートや相談に対応しています。遠方の方とはリモート面談をほぼ毎日実施しているため、学生に寄り添ったサポートを実現するためにも、円滑に通信できるネットワークが必要でした。

現在のネットワークを導入する前は、高性能の家庭用ルーターで通信を賄っていました。会社の成長に伴って事務所も大きくなり、従業員も増えましたが、使用するパソコンやスマートフォンの台数も多くなり、つながらない、通信が遅いといった悩みを抱えていました。

事務所の拡大とともにネットワークも段階的に強化していき、ACERA Connectを採用したことで遅延やつながりにくいといった状況が改善しました。ネットワークの管理運用もプロに任せることができ、導入して良かったと実感しています。

東京本社のほか、名古屋と大阪にもオフィスを置いていますが、ACERAはまだ導入できていません。ネットワークの連携と拠点間での情報共有ができるよう、これらのオフィスのネットワーク整備についても、今後展開していきたいと思っています。


お客様情報

お客様情報

お客様名
   ジェイシップ株式会社
所 在 地
   東京都目黒区上目黒3-18-11-3F
代表取締役
   城 友博
設  立
   2017年3月
ホームページ
   https://www.jship0.com/

[取材実施:2023年2月]
※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

事例ダウンロード

お問合せ(ジェイシップ様)

お問い合わせフォーム
https://www.furunosystems.co.jp/contact/jship.html

製品